いつも悪口を言われる人、悪口を言われる原因

男性向け記事

被害者という加害者

「誰かに酷いことをされた」
「酷い事を言われた」
こんな事を言う人は、
身の回りにも、
SNSなどでもよく見かけます。

こんな事を言う人は、
いつも傷つけられたと言っている事が多いです。

~されたというのは、
他人を責めているのと同じです。

自分を被害者にして、
いつも他人を責めるから、
責める人が現れる。
これに気づきません。

悪口は悪いこと
悪口を言う人は悪い人

自分は悪くない。
自分が正しいと信じています。

自分を肯定するため、
傷ついた自分の心を癒やすために、
共感してくれる人を探します。

でも聞くのは疲れるから、
そのうちに聞いてもらえなくなるので、
次から次へを聞いてくれる人を探さなければいけません。
そうするとあなたの不快に思う人が増えるので、
自分の首を締めています。

それにあなたの事を悪くいう人も
悪口の自覚はありません。
相手も自分が正しいと思っているからです。
あなたに不快な気分にされているからだと
思っているかもしれません。

ネガティブな言動は
たとえ自分に言われていなくても不快です。
そして同じ波長の人が集めます。
被害者は自分を被害者にして慰めます。
〜をされたという悪口をいうと、
自分に戻ってきます。
で、嫌な気分になり、被害者となる
悪循環にハマります。

被害者意識を認めましょう。
それに気づけば少しづつ状況がかわります。

コメント