悪口の原因は劣等感

幸福

他人の悪口を言わない方がいい。
悪いとは思っても言ってしまうのが悪口です。
悪口をいう原因の多くが、
心の奥底にある劣等感が原因です。
自分の心を癒す為になので、
言わずにはいられなくなります。

悪口を言う人の心の中では、

・他人が羨ましいという妬み
・ストレスを抱えているから
・自分に都合よく相手をコントロールするため
・自分と同じ悩みを抱えているから

こんな理由が多いです。

根本的には自分が上手くいっていないからです。
相手はそれで自分の精神を保とうとしているからです。
言われる方が止めて欲しいですが、
言ってもなかなか止まりません。

言い返しても
相手なりの正論が返ってきます。

ですから、まず自分がどう感じているか伝えます。

私はそれを言われとても悲しい思いをします。
私も血液がながれるあなたと同じ人間です。

善悪や良い悪いで伝えると
言い合いになるだけです。

またそもそも、悪口を言う原因を
知るのも解決方法のキッカケになります。

相手のストレスが原因だったら、
あなたに落ち度はありません。
気にする必要ありません。
ストレスが解消されないとなかなか解決されません。
そして相手のストレスには、
相手の劣等感に起因する事もあります。

あなたが羨ましくみえるから
あなたと同じ悩みをもっているからです。

自分の思い通りにするためにいう人もいます、
あなた以外にも同じ態度をとるので、
放っておけば、やがて嫌われ
長期的には自滅します。

悪口を回避するには

反応をしないようにしましょう。
反応をすると、それに対してリアクションが返ってきます。
無反応、無表情を通しましょう。
感情がわからないと相手は勝手に悪い方向に考えます。

それでもだめなら
距離をとりましょう。
同じ環境にいない事です。
住む世界はそこだけではありません。
外の世界にはあなたに居心地のよい場所も
必ずあるからです。

それとは別に言葉の受け取り方も人それぞれで
ポジティブな言葉も心の有り様で
ネガティブに受け取る人もいます。

ネガティブ思考の人は
ポジティブ思考の人の言葉を
批判と受け取りがちだったりします。
 
悪口を言わせないようにするのは難しく、
その人を取り巻く環境だったり、
幼少期の体験だったりします。

まずは理由を知る、
どう感じているか心を伝える
だめなら、避ける方法を考えましょう。
その環境から立ち去りましょう。

後から考えると、
自分はその場所にいない方がよかった。
それを教えてくれる人だったりします。

居場所を去ることで、
あなたが大切にしているものを
失う事もあるかもしれませんが、

諦めても、失っっても、
結局必要なものは手に入ります。
今は悔しくても後になればわかります。



ジョー

管理人のジョーです。
当ブログでは
モテる方法を発信しています。
ある日を境にモテるようになり、
依頼ずっと黄金期です。
モテるには、ほんの少しだけ
マインドを変えるだけです。
好きな人に好きになってもらい、
満たされ、充実した人生を送りましょう。

ジョーをフォローする
幸福未分類
スポンサーリンク
ジョーをフォローする
恋愛テクニック

コメント