美人がいじめに遭いやすい理由と対策

女性向け記事
スポンサーリンク

美人はイジメに遭いやすい

美人は1人だけ得する人に思われる

残念ながら、美人はいじめに遭いやすいです。
クラスは職場の美人とか芸能人や
美人なアナンサーを見ると、
美人がいじめられている姿をよく目にしますよね。
そんな美人が昔いじめられていたという
インタビューも度々目にします。

美人は得だって思いますが
実際は損することも多いです。

ひがまれたり
望まない異性に求められたりです。

美人以外でも、突出した能力のある人は
嫉妬や妬みイジメの対象になりやすいです。

人間は社会性を持つことで繁栄する事ができました。
社会性を保つには、一人だけ得しようとする人は、
全体からみると邪魔な存在です。
本人が一人だけ得しようと思っていなくても、
まわりは、自分の立場が悪くなると
勝手に感じます。
そして僻み、妬みになります。
それがエスカレートするイジメになります。

イジメは悪いことです。
だれに聞いても「悪いこと」
そう答えるでしょう。
でもイジメはなくなりません。
その原因は
人間は自分の行動を正当化しようとする本能があります。
つまり社会性を保つために、
邪魔な存在を排除する、
正しい行動と認識しているのです。

ですから、美人や能力の高い人で
嫉妬されているなと感じる人は
気をつけましょう。

イジメの対策

イジメは悪いことだと説明しても
やめさせる事は不可能です。
自分で正しいと思っているからです。

嫉妬、妬み、イジメの回避方法

苦労している姿を見せる

少し緩和させる方法は、
苦労させている姿を見せることか

美人だけど貧乏
美人だけど頭が悪い

ほら、少し許せる気になりますよね。

早めに反撃する

イジメは相手が多数になれば
どんなに強くてもかてません。
また被害が大きくなると回避が難しくなります。
始まった時点で、
なにかされたら、
相手がビックリするほど反撃します。

私の経験ですが、
体が周りより一回り小さかった事もあり
初めてみるとからかわれたりした。
あるとき帽子を飛ばされる
軽い嫌がらせがあったとき、
私がついにたえられなくなり、
相手の帽子を奪い川に投げ捨て
そのほかいくつか反撃しました。

それ以来二度とちょっかいはなくなりました。
早めだと反撃できますが
大きい集団になると手に負えません。
周りや警察などに頼るのも対策の一つです。
対策はとにかく早めにする事です。

避ける

もうとにかく避ける事です。
その場から逃げる
環境を変える。
耐えて良いことなどありません。
あなた自身を守るのが最優先です。

反応しない、表情にもださないのも
有効な対策です。
反応がないとつまらなく
返事も表情もないと
相手からすると
何を考えているのかわからなくなるので
怖くなり、勝手に悪い方に想像します。



ジョー

管理人のジョーです。
当ブログでは
モテる方法を発信しています。
ある日を境にモテるようになり、
依頼ずっと黄金期です。
モテるには、ほんの少しだけ
マインドを変えるだけです。
好きな人に好きになってもらい、
満たされ、充実した人生を送りましょう。

ジョーをフォローする
女性向け記事幸福
スポンサーリンク
ジョーをフォローする
恋愛ジャーナリストのHAPPY講座!

コメント