仕事が多すぎて疲れている人の対処法

疲れたあなたへ

仕事量が多すぎる人を見かけます。
こなさなければならない仕事が多く、

働き過ぎで悩む人の対処法として
「任せる」という方法について書きますが、

働き方、考え方は人それぞれです。
職業の数、人の数だけ対処法があり

正解も不正解もありません。
どんなやり方が
自分に向いているかどうかだけです。

全ての環境、全ての人に
当てはまる方法はありません。

一部の天才には当然当てはまらないし

専門性が高くなるほど
その人でなくてはならない比率は上がります。

でも専門性の高い職種でも
サポートしてもらえる事もあるはずです。

今回の記事が、
中には当てはまる人もいて
楽になるキッカケになるかもしれない。
そんな人向けの話です。

スポンサーリンク

自分も相手も信頼する

こなさなければならない仕事量が多すぎて
深夜までの長時間労働や
休日も少なく、
膨大な業務も一人で抱え込み過ぎて
自分が働き過ぎで疲れていると
感じる事はありませんか?

それでもこなしているのは
混乱するかもしてないという不安や
立場だからという義務感でしょうか?

もっと良い方法が
あるかもしれない。
そしてあなたも薄々気づいているはず。
でも怖くてできないだけ。

もし仮にあなたが何かの理由で
そこで働けなくなったり
そこからいなくなっても
なんだかんだで回るとは思いませんか?

実際そうなれば、
それでもなんとかなったというのは
よくある話です。

本当は回って欲しく無い。
そう思っているかもしれない。
だって自分がいなくて

なんとかなるのを
証明してしまう事でもあるから

それはさておき

任せた方がよいのは
分かっているけど
今は任せられる人がいない。

自分がやった方が確実で早いとか
その人が好きではないから
任せたくないと思うのは

相手を信用していないから。
それか
その人が好きでないから

他人を信用できない
好きでないというのは、

実は自分を信用していないし
自分を好きではないという事です。

自分は自分を信頼しているし
好きだから
そんなことは無い。
だから任せられない。

でもこんな心理ありませんか?

あなたは自分が成果を出さないと
認められないと思っていたり、
もっと認められたいと思っていませんか?

満足した成果を出していない自分を
まだ足りない部分がある思っていませんか?

この自分への不安感を
相手にも当てはめています。

もっと頑張らないといけない
とか
もっとちゃんとしないといけない
そう思っているはずです。

どこかでこの価値観を身につけました。
この感情の根本には

・認められたい
・愛されたい

この2つの欲求が影響しています。

認められたいから、
愛されたいから
頑張る。

でもよく考えてください。

既に今のあなたは多くの人に
認められています。

そして今あなたが認められている理由は
結果をだしたからというのもあるけど

あなただからという方が
影響が大きいのです

自分を認められずに
不安抱えている人ほど
がむしゃらに働く傾向があります。

がむしゃらには限界があります。
限界を超えれば
やがて心や体の不調も出て
人間関係にも影響しかねません。
無理にはほどほどに。

もっと自分も他人をも信用してみませんか?
もっと円滑になるかもしれない。

と、いうか、なります。

まず自分を信用する事です。

自分を認められると
他人を認められるようになり、

任せる事ができるようになります。

頭で考えても怖くてできないでしょう。
なので怖くても
実際やってしまうのがオススメです。
先に体で感じ、頭に伝えます。

思い切って

・やらずにほっとく。
・休む日を決め休んでしまう。
・丸投げする。
・気にせず早くに帰り続ける。

で、

口出さない。
手を出さない。
見ない。

ほっとく。

するとあら不思議
任せた方がうまくまわるではありませんか。

失敗しても最初だけ。

怖いのはやった事がないから

あなたは任せるときに
問題が起きないように
準備をしたくなりますが、

それは完全に信用していません。

人に任せるのって怖いこと
自分を信頼するのもこわいこと

だって今までやった事がないから
怖いのは当たり前。

心配を消すにはやってみること。
最初は失敗するのが当たり前です。

失敗しても大トラブルか
会社なら倒産するくらい。

この恐怖を乗り越えれば
得られるものの方が大きいはず

そもそも、社会も会社も
助け合うためにある場所。

人に頼るのは悪いことではありません。
人に頼るのは迷惑をかけることも
悪い事ではありません

だってあなたも頼られたら嬉しいでしょ

迷惑かけると感謝できるし感謝される

当たり前なんだけどね。

人に迷惑かけてはいけないって
言う人多いよね。
お母さんとかよく言うよね。
本当かな?

あなたが全てやるのは
成果の独り占めでもある。

そしてどんなにあなたが頑張っても
あなたの能力が高くても、
たったの1人分だから
対した事が無い。

ジャングルで餌場を独り占めしても
1人では1日も生きていられないようなもん。

頼って任せてみよう
それは人を信頼する事です。
あなたも信頼された方が嬉しいはず

その前に自分を100パーセント信頼する。
信頼するから信頼される
それは自分も相手も

これ大事です。

信頼するというのは
どんな事があっても、
どんな結果でも
自分を信頼するという事。

自分も相手も責めない。

やっぱり失敗したからもう任せない
期待通りの結果でないから
もう信頼しない。

これは信頼していないということ。

あなたなら大丈夫。
あなただから大丈夫。
みんなも大丈夫。
みんなだから大丈夫。

完璧が目的ではない。

頼み方に準備はいらない
無条件に頼めばいい

そんな事をしたら
大変な事になる。
やってみた事ある?

プールに飛び込んで
怖いのは飛び込むまえ
冷たいのは最初だけです。



さと

管理人のさとです。
当ブログでは
モテる方法を発信しています。
ある日を境にモテるようになり、
依頼ずっと黄金期です。
モテるには、ほんの少しだけ
マインドを変えるだけです。
好きな人に好きになってもらい、
満たされ、充実した人生を送りましょう。

さとをフォローする
疲れたあなたへ
スポンサーリンク
さとをフォローする
恋愛ジャーナリストのHAPPY講座!

コメント