苦手な人と仲良くなる方法

スポンサーリンク

想いを聞いたり、伝えると分かり合えるキッカケになる

友人、親子、恋人、上司と部下などの
相性の悪い人間関係は大きなストレスです。

あの人から自分は嫌われている。
相手が拒絶しているから、
あなたも拒絶します。

人間関係はちょっとしたことから
こじれ始めると
修復するのが難しくなります。

人はそれぞれ、私は正しくて
相手が間違っている。
こう考えています。

でも本当は、お互い勘違いしているかもしれません。
たまたまボタンを掛け違えただけかもしれません。

相手の事を理解する努力をしてみましょう。
まず相手の想いを聞いてみましょう。

「なぜ、~さんはこう言ったの?」
「~さんの行動に、私はこう感じたんだけど」

想いを聞いてみれば、
真意はあなたが想像していたのとは違うかもしれません。
自分の事が嫌いだから責めている
と感じているかもしれませんが、

その裏には、愛情があったり、嫉妬があったり、
いろいろな感情があります。

本音を聞けば分かり合えるかもしれません。
なんだそうだったのか。
本当はこうして欲しかったたけなのか。
他愛もない事かもしれません。

最初仲がわるかったり、
第一印象が悪くても
その後仲良くなった経験だってよくある事です

一時的な感情に条件反射で反応するのではなく、
想いを聞いてみましょう。

十分聞いたら、自分の想いも伝えてみましょう。
想いを伝えるだけならケンカになりません。

他人を傷つけたいだけの人は殆どいません。
何かしら理由があります。

想いを分かり合えば関係はかわります。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です