フラれた後の対処法

男性向け記事
スポンサーリンク

フラれた後の対処法

まず前提として、
デートに誘う、告白をするのは
断られるのが当たり前です。
何も思っていない人から、
突然誘われるのですから、
断られて当たり前です。

そもそもいきなり誘われれば
断る可能性の方が高いのです。

でも何度も誘われると
断りにくくなります。

ですから、デートに誘って
OKをもらうポイントは
重たい雰囲気にしない事です。

気軽に誘って断られたら、
また誘える雰囲気くらいの
軽い感じが良いでしょう。

重たい雰囲気で誘うと
失敗した時に、
元の雰囲気に戻すのが大変になるからです

そもそも、相思相愛だった人ばかりが
交際しているわけではありません。

地道にアプローチしたり、
本気だと思うようになり、
交際に発展します。

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s

デートに誘って断られた時の対処法

断られてもまったく気にする必要ありません。
断られてもあなたの事が嫌いとかも考える必要ありません。
行きたくなかっただけです。
都合が悪かったからとか、警戒したとか
二人きりになるのが嫌だったとか、
他愛も無いそんな理由です。

ですから、断られてもまた誘うのが最良の方法です。
何回も誘えば、断り辛くなり、
運が良ければ1回くらいデートしてくれるかもしれません。
デートできれば成功です。
1回断られても10回断られても、デートできれば同じ成功です。
1回デートが可能になれば、
誰にも邪魔されず長い時間アピールをする事ができます。

美味しいパスタ屋さんあるんだけど一緒に行かない?
また今度ね
わかった、じゃあ来週誘うから今度はOKしてね。
このくらいでいいです。
ダメ元でいいくらいの気持ちで、軽く誘いましょう。

告白を失敗した時の対処法

勢い余って告白して失敗しても、落ち込む必要ありません。
告白が失敗した時の最善の対処法は、
もう1回告白してしまうことです。
2回目の失敗は1回目ほどのダメージは無いはずです。
2回失敗する事により、失敗のイメージを薄くする事ができます。
1回告白して、気まずくなり、疎遠になるのは最悪です。
自ら傷口を広げている様なものです。

最初からあなたの事を好きなんて事を思わないでください。
1回目の告白で、相手に好意をある事を伝え
2回目の告白で、真剣な事を伝え
3回目の告白であなたの事を意識させます。
4回目の告白では、あなたの熱意に押されOKしてくれるかもしれません。

重たい雰囲気にしないように、気軽に告白しましょう。
告白すればするほど成功の確立があがります。

断りにくい誘い方、断りにくい告白方法

そもそも断りにくい誘い方をしましょう。
失敗する人のマインドとして、
相手に好意がある場合、相手の気持ちを大切にしすぎる傾向があります。
断りにくくするには、相手の返事を求めない伝え方をします。

・「デートに行きたいんだけど」と普通に誘ってください。断るのって結構大変です。
・「好きです。つきあってください」ではなく「好き」だけでOKです。

誘い方の両方に共通するのは、相手に返事を求めているのではなく、
自己主張しているだけの意味合いになります。
単なる自分の意思表示や、宣誓をしているにすぎません。
断る必要が無い言い方だから、断りにくい誘い方になります。

「好き」と伝えて「迷惑です」って返事できませんし変です。
よっぽど貴方の事が嫌いならば別ですが、、
好きっていうだけなら「ありがとう」くらいしかする返事はありません。

それを「交際してください」なんて、
相手に返事を求める余計な事をするから断られます。
相手の同意を求める必要はありません、好きと自己主張だけすればいいだけです。
気軽に誘って気軽に告白が最適な方法です。

フラれた後に声をかけるタイミング

気まずい雰囲気をなくす為には、
次に会った瞬間声をかけるのが最適です。
時間があけばあくほど気まずくなります。
遠くにいても声を掛けるくらいがベストです。
あなたが軽い感じで声をかければ、相手も軽い気持ちになるはずです。
声をかければかけるほど、失敗の嫌な感じが薄れるので、
気軽に声をかけるべきです。

コメント