40代50代60代も恋愛適齢期 




スポンサーリンク

40代50代60代も恋愛適齢期

40代50代60代の恋愛

若い頃、40代50代60代になったら
恋愛には縁が無いと
思っていなかったでしょうか?
でも実際にその年齢に達しても恋愛感情って
若い頃とかわらないものです。
実は恋愛適齢期は、
思うより長く続きます。

恋愛をすれば、相手がある事なので
思い通りにはなりません。

出会いもあれば別れもあり、
辛いことも楽しいこともありますが、
出来事が多い方が楽しいものです。

昔に比べて社会環境も変化してきて、
恋愛の形も多様化し、
楽しみ方も人それぞれです。

人生を楽しみ、
恋愛を楽しみましょう。

40代50代60代の恋愛が活発化している

昔に比べ恋愛しやすい状況が整って、
恋愛が活発になっています。
その理由としては、
インターネットが普及した影響が最も大きいでしょう。

・インターネットで出会いの方法が増えた
・インターネットの普及により連絡手段が増えた
・収入面で自立した女性が増えた
・情報が増え、選択の幅が広がった。
・肉体的にも精神的にも若くなった

インターネットで出会う方法が増えた

インターネットのおかげで、
出会いの手段が飛躍的に増えています。
出会いが増えれば
恋愛に発展するケースも自然に増えます。

インターネットの普及により連絡手段が増えた

スマートフォンやsns が発達したことにより、
通信手段が発達し、個人同士のやりとりが容易です。
隠れて連絡も取りやすいはずです。
連絡先を知らなくても、
メッセージできるようになっているので、
気軽に連絡できてしまいます。
当然交流は活発になります。

収入面で自立した女性が増えた

離婚や恋愛の別れの障壁になっていたのが、
女性の収入面です。
別れたいけど生活できないから、
我慢して別れない人も多かったはずです。

でも収入面で自立している女性も増えて、
我慢して結婚生活を続けたり、
男性に生活を依存する必要が無くなりました。

その半面、男性の収入は減りつつあるので、
愛想をつかした女性が嫌気を感じ、
恋愛関係、結婚生活が破綻すれば、
女性が別れるを選ぶのも、
別の人を探すもの当然です。

それに、そもそもキャリアを優先する女性が増え、
男性に運命を大きく左右されがちな結婚に、
最初メリットを感じない女性も増えていますが、
それでも恋愛がしたい人や、
子供だけ欲しい人もいるでしょう。

女性は自分よりちょっとスペックの高い男性を
好む傾向がありますが、
そんな男性が多くないのも事実。

男性は一生恋人や結婚相手に恵まれない人が増え、
モテる人は離婚しても再婚や恋愛できる人が増え、
恋愛2極化が進んでいます。

情報が増え、選択の幅が広がった。

インターネットの普及により、
情報に触れる機会が多くなりました。
他人の生活も見る機会が多くなっています。
今まで知らなかった情報や選択
があることに気付いて、
他の選択ができる方法が分かれば
それを選ぶ人も増え、
ライフスタイルも多様化します。

肉体的にも精神的にも若くなった

昔に比べて食生活が改善されたことにより、
肉体的にも若くなっています。
昔の40代より、今の40代の方が、
若くなっている事が、
科学的にも証明されています。
肉体が若い状態で長く維持されるようになり、
体にともない、心も若くなり、
気持ちも若くなれば、
恋愛できる時間や機会が増えます。

離婚も珍しくない

離婚も増えており、
珍しい事ではなくなりました。
それほど深刻に考えなくても
大丈夫な時代になりつつあります。

離婚も選択の一つでです。
離婚しても、
再婚も恋愛もやりやすくなっています。

別れた後も、友人関係が続き、
交流したり自然に会う、
そんな人たちも増えています。
生き方は多様化しています。

何かをしなければいけない、
だれかの期待に
答えなければいけないことはありません。

自分に会う生活スタイルを考えてみましょう。
時代は急速に変わっています。

他人の目が気になるかもしれませんが、
みんな自分に必死で、
他人の事はあまり見ていません。
気にせず自分の心に素直に生きる方が楽しいはずです。

運命の人との出会い

この人以外考えられない。
そんな人と運命的に出会い、
一生幸せに結婚生活を送る人がいます。

そんな運の良い人もいますが、少数でしょう。
現実は出会う人数も限られています。
まだ若くそれほど出会う人数が少ない時代に、
結婚相手を選び決めてしまうケースも多いでしょう。

若いので 思考も未熟で
よくわからず、勢いで決めてしまう事もあります。
相性よりも、ついスペックを優先して
決めてしまうこともあります。

最初から一生に一人の運命の人と出会う確率の方が、
現実的には少ないのかもしれません。
会えない人も多いでしょう。

運命を感じさせる人に 出会えた人は幸せです。

問題なのは 結婚した後に、
運命を感じるような人に 出会ってしまった場合です。
好きになる感情を抑えるのは難しい時もあります。

だからといって、
パートナーのいる人間が他の人と恋愛をすれば、
失うものも多く、
それなりの代償を支払う事になるのも現実です。
我慢するのも人生、覚悟して進むのも人生です。
人生に失敗はありません。
選んだ道は全て正解です。

相性

結婚してからの 体の相性も大切です。
相性が悪いと必然的に回数が少なくなります。
しかしながら 欲求自体は無くなるものでもありません。
そうなるとストレスの原因にもなります。
相性はどうにかなるものでも無いので、
最初の見極めておくのも、
重要なチェックポイントです。

恋愛の適齢期

一般的に40代前後は子育ても落ち着く年齢です。
肉体的には若く、収入もある程度になり、
社会的な地位もあり余裕もでてくるけど、
生活がマンネリ化して、
刺激不足になりやすい時期でもあるので、
恋愛になりやすい時期でもあります。

女性の場合も子供を作る ギリギリの時期です。
男性はいつまでも大丈夫と思われがちですが、
やはりギリギリの時期です。

ギリギリの時期で精神とは別に
子孫を残す最後のチャンスを前に
体は本能的に、盛り上がっています。
40代前後は恋愛が盛り上がる時期でもあります。

恋愛は人それぞれ

犯罪につながる行為はもちろん駄目ですが、
恋愛の形は人それぞれです。
人生は一度ですし、
他人はあなたが何をやっても批判するものですし、
あまり気にしてもいないものです。

自分の人生ですから、
自己責任で自由にやればいいのです。

恋愛の時期に、遅いも早いもありません。
やり直そうと思えばいつでもやり直せます。

別れもあれば 新しい出会いもあります。
人を好きになるというのは素敵なことです。
恋愛は自由です。

でも自由にはそれなりの責任が伴います。
覚悟した上で リスクを取るのも、
リスクを取らないのも自由です。
恋愛を楽しみましょう。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です