人生がうまくいかない原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10
スポンサーリンク

人生がうまくいかない原因

皆幸せになるために必死で狂い始める

誰もが自分の人生を最高のものにしたい。
幸せになりたいと願い生きています 。
しかし人生は、全て思い通りに
なるものではありませんし、
生きていくだけでも大変です。

人生がうまくいってる人と、
うまくいっていない人との違いは 、
物事が、実際に上手く進んでいるか、
進んでいなかではなく、
心の捉え方の問題です。

幸せな人が多く手に入れていて、
幸せでない人は手に入れてないかというと、
そうでもありません。

無くても幸せな人がいて
あっても不幸な人がいます。

幸せな人は、今ある事で幸せを感じ
幸せでない人は、
無い事で不幸を感じています。

なくて不幸に感じるならば、
プライドが高すぎて、
自分を高く見積もり過ぎかもしれません。

自分は自分より大きくなれません。
手に入らず苦しい現状も、
それがあなた本来の姿です。

手に入らないなら力不足です。
事実を受け入れるということです。

自分を不幸に感じている人も
今あたりまえに手にしている物でさえ、
本当はは奇跡的に運が良く、
幸せな事です。
失わない限り、ありがたみは感じにくいものです。
あって当たりませなものなんて何一つありません。
今あるものへの感謝を忘れてはいけません

苦しみの原因は執着が強すぎること

他人に期待しすぎたり、
思い通りにならないと、
裏切られたと思うようになります。
どうしても欲しいものが手に入らなくても
不幸に感じます。
全ては執着が原因です。

幸せに感じるか感じないかは
物事に執着しているか、
執着ないしていないかで、
捉え方が変わります

執着が強すぎるると不幸に感じます。
強すぎる執着をすてれば、
人生は少し楽に感じるようになるはずです。

憎しみ苦しみの原因は執着

何かを求めて追求する事自体は
素晴らしいことです。
でもその執着が強すぎ手に入らないと、
苦しみの原因になります。

・お金への執着
・恋人への執着
・地位や名誉

等の執着です。

失ったり求めても手に入らなかったり、
理想と現実のギャップが 大きすぎれば、
生きているのが辛く感じるくらいの
大きな苦しみの原因になります 。

何かを得たから幸せになる訳ではありません。
人間の欲望は無限です。
手にしてももっと欲しくなるだけです。
望む物全てが手に入る事なんて、
そもそもありえません。
手に入っっても幸せに感じるのはその瞬間だけです。

全てはあなたの心の捉え方の問題です。
「足ることを知る」 こんな言葉もありますが、
自分の身の程を知り
現状が満ち足りたものと考え、
不満を持たないという事です。

人間は死ぬ時には、
結局全て手放すことになります 。
この世は諸行無常です。
万物はいつも流転し、
変化や消滅をしつづけます。

多くの物を手にしても、
一時的に手にしているだけにすぎません。
必ず手放す時がきます。
早いか遅いかの違いです。

それに、今ある物を手放せば、
もっと大切な物を、
手に入れる事ができるかもしれません。

足ることを知り、
人生を豊かな人生を過ごしましょう

執着しても手に入らない

どんなに執着しても、
縁のないものは手に入りません。
縁のないものを、
無理やり手に入れようとすると、
不幸な出来事が起きやすくなります。
そうなれば本末転倒です。

幸せになろうと求めているのに、
執着しすぎるあまり
逆に不幸な結果を招いてしまいます。
それでは本末転倒です。

手放しても縁があれば戻ります。
気楽に、長期的に考えましょう。

なすがままに任せる

あなたにとって、
必要な物は手に入り、
必要でなければ手にはいりません。
人生は上手くできています。

一人の自立した人間になれば、
必要な物は自然に手に入るはずです。
欲しい物を手に入れるには、
起きた出来事はなすがままにまかせておき、
自分の価値を高めることです。

全ては表裏一体

お金持ちになれば幸せになれる。
高い地位や名誉を手に入れれば幸せになれる。
素敵なパートナーを手に入れれば幸せになれる。
と思うかもしれません。
確かにそのような部分もあります。

でもその反面、大きな幸せを手に入れる事は、
大きな不幸の種も同時に手にしています。
形あるものは皆全て壊れます。
どんなものでも、やがて終わりが来ます。

大きな幸せを手にしていたなら、
失った時の苦しみも大きくなります。

何も手にしなければ失う苦しみもありません。
大きな幸せを手に入れるには覚悟が必要です。

全ては選択次第
欲しいものを手に入れるのも、
我慢して諦めるのも、
全て自分自身の選択次第です。

あなたは自由です。
誰かに言われたからやる必要もなく、
世間体の為にやる必要もありません。

理想に近づく習性があります
人間は本来の自分の心に素直になれば、
自分がどうしたいのか、
何が欲しいのか、
何が必要なのかわかるはずです。
自分の心に素直になり行動しましょう。

苦しみも悲しみも必要な出来事

この世に無駄な事はありません。
失敗も、立ち止まる事も、遠回りも、
全て必要です。

そして起こるべくして起きた出来事です。
原因があるから結果があります。
不幸な出来事は、
その時は耐えられないほど苦しいかもしれませんが、
やがてその苦しい経験の意味が分かる日が来ます。

人生は波です。
良い出来事と、悪い出来事が繰り返します。
不幸な出来事が起きたら、
運が溜まっている時だと考え、
最悪の今できる事を考え行動してみましょう。
そのうち道は開けます。

人生は思い通りにならない

そもそも人生は思い通りになりません。
ですが、思い通りにならないことを受け入れると、
人生は思い通りに進んでいきはじめます。
当初思い描いた理想通りとは
違うものになるかもしれませんが、
理想自体は、それぞれの時代において
変わっていくものです。

なすがままに任せる

ジタバタしても物事は解決しません。
解決すべき時がくれば解決します。
流れに身をまかせ、
なすがままに任せましょう。

執着はやがて愛に変わる

辛い出来事を経験すると、
他人の痛みが分かるようになり、
他人の優しさも分かるようになります。
失敗の経験を積み、年齢を重ねると
身の程を知る事になります。
やがて利己的な考えから、
利他的な考えに変わります。
そうすると執着心も減り、
無いことも当たり前になり、
執着心は薄れ、愛にかわります。

幸せになりたいという、
強すぎる気持ちが執着心なのに、
執着心が減ると幸せになります。
もしかしたら、
執着、挫折、執着心が無くなり愛に変わる。
これまでが
一つの流れかもしれません。

スポンサーリンク
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です