会えない時間が恋愛感情を育てる

男性向け記事
スポンサーリンク

会えない時間が恋愛感情を育てる

気になる人を好きになる

会っているから好きになりますが、
会えない時間も恋愛感情を育てる大切な時間になります。
長い時間会えば良いってもんでもありません。
会えない時は気になっている人の事って、
つい思い出してしまいます。
でも会えないから少し寂しい。
寂しい気持ちが、
好きって気持ちを盛りあげてくれます。
好きな人を自分に振り向かせる為には、
この心理を上手く使いましょう。

相手を意識しているうちに好きになる

相手に自分を意識させる。
相手に自分を意識して貰うには、
相手を異性としてみている会話をする事です。
27810ccb5917f0303fb700e72534e2c1_s

好きな人に自分を意識させる方法
  • 会う度に挨拶する。
  • 会う度に様子を聞く一声をかける。
  • 恋人いるのと聞く?
  • 今日の洋服素敵だねと褒める。
  • かっこ良いね・かわいいねと褒める。
  • どんな人が好きなの?と聞く
  • 私○○さんみたいなタイプの人好き、と言う。
  • 交際した人にいつもこんな風に優しいの?か聞く。
  • 何かをお願いして頼って感謝する。
  • 相手が目をそらすまで、目を合わせたり、
    長く目があったら少し恥ずかしそうにするのを組み合わせる。
返事はもとめず言い放し

返事を求めるのではなく、
言いっ放しになしにします。
返事求めて断られたら元も子もありませんから。

好意がありそうな雰囲気の言葉を聞いた相手は、
あなたが自分の事を、どう考えているんだろうと、
気になって考えます。
この考えさせる事が大切で、
考えているうちに好きになってしまうのです。

好きな事を公言してしまう

友人や回りの人に、自分が好きな事を公言してしまいます。
やがて本人に伝わり、あなたの事を意識するようになります。
友人が、あなたをからかっても、
堂々として振る舞ってください。
誰かに聞かれたら
「とうぜん好きだよ」と堂々としていればいいんです。
堂々としていれば、からかえず、
そのうち回りも飽きます。
好きな人に自分が好意を持っている事が伝わるのが目的です。

頻繁に連絡を取りすぎずランダムに

長時間あうより、回数を重ねた方が、
心理学上好意を持ちやすい事が分かっています。
だからといって、
闇雲に回数が多ければ良いという事ではありません。
一番用方法は、
連絡をとる回数を増やしつつランダムにする事です。

ちょっと頻繁に会ったり、連絡したりした後、
少し時間を空けてみます。
定期的にならないほうが、脳に刺激を与えて、

あなたにちょっと振り回される感じで、
あなたを意識するようになります。

少し物足りない時間くらいに留める

デートでも始めの頃は、長くても3〜4時間に留めます。
電話もあまり長電話しないようにします。
ラインやメッセンジャー、メールも、
長文や回数の多いやり取りを控えます。
ちょっと盛り上がってきた所で、
切り上げてしまいます。
自分から連絡しても、相手が切るのを待つのではなく、
あなたから切り上げてしまいます。

物足りないから気持ちが盛り上がる

少し物足りないくらいの時間のほうが、
寂しさから気持ちが燃え上がります。
会えない時間に、
もっと会いたいとか、
もっと話したいことがあったと考えているうちに、
あなたの事を好きになってきます。



さと

管理人のさとです。
当ブログでは
モテる方法を発信しています。
ある日を境にモテるようになり、
依頼ずっと黄金期です。
モテるには、ほんの少しだけ
マインドを変えるだけです。
好きな人に好きになってもらい、
満たされ、充実した人生を送りましょう。

さとをフォローする
男性向け記事女性向け記事恋愛テクニックモテる方法
スポンサーリンク
さとをフォローする
恋愛ジャーナリストのHAPPY講座!

コメント