良い友だち止まりにならい方法

スポンサーリンク

良い友だち止まり状態から、恋人にステップアップする方法

好きな人との関係で友達どまりで、彼氏になれない状態から脱却するには、
相手にハードルを用意して小さな決断を積み重ねる事で、
恋を確実にステップアップする事です。
良い友だち止まりにならずに恋愛をステップアップする方法

男性編 恋愛をステップアップする方法

小さな決断をさせてハードルを超えさせるというのは、
異性に小さな問題を投げかけ決断させる方法です。
決断をさせる事で受け入れている事をハッキリ認識させています。
小さな決断ですが、自ら決断したという事が重要で大きな決断の小さな一歩になります。

例えば合コンの場合は「話をしたいから隣に座ってもいいい?」と女性に聞いてみます。
女性は「はい」か「いいえ」と返事をしますが、実はその時に小さな決断をさせています。
簡単な事だから「はい」という決断を得られやすいですが、
自分の意思で決断させているのが重要です。
女性は好意を示され返事を聞かれる事で心の中でちょっとドキっとして、
それに返事をして小さく受け入れたのを、自分の言葉で確認し認識させている事になります。

どうせ勝負しないと行けないので、小さな勝負を早めにする。

交際して欲しいと大きな決断をさせようとすると失敗しやすくなりますが、
小さな決断はOKが出やすいです。
返事がOKなら小さな決断をさせた事により恋の小さなハードルを超えさせた事になります。
この小さなステップを繰り返す事ステップアップしていきます。
小さな決断の積重ね、やがて大きな決断をさせやすくなります。

「0」か「1」は大きな差ですが「1」と「2」には差が無い

女性は気が付かないうちに口説き落とされることになります。
また聞く時のポイントはちょっとアピールをするとより効果的です。
好意を示した上で、自分を受け入れる決断をさせている事になるからです。

「話をしたい」というのが女性に対し好意があるというアピールになっていて、
座っても良いか?という問いに対しにそれに対する決断させています。

また心理学的に「話したいから」という理由をしっかり述べて言われると人間は断りにくくなります。
もう1つのポイントは拒否がなければOKだということです、多少強引でも隣に座ってしまいましょう。
嬉しいと喜べばより断りにくくなるでしょう。

連絡先を聞く場合

よく合コンやナンパで女性の連絡先を聞いて満足する男がおりますが、ほとんど無意味です。
目的は連絡先を聞くことではなく、女性に気に入ってもらい連絡先を聞く事です。
心を落としていない女性の連絡先には意味がありません。
ですから、相手の連絡先を聞かなくてもかまいません。(二度と会えない人なら別ですが)
連絡先を渡して、「もっと話したいからこのメールに明日までに連絡ください」と連絡先を渡します。
連絡が来れば、女性が決断し小さなハードルを超えた事になりますし、
もっと話したいからという理由をしっかり伝え断りにくくさせます。

連絡貰えれば私はとても嬉しいし、連絡が来なければ悲しくて泣いてしまいますとか
あなたが連絡しないと僕達デートできないよ、
くらいジョークをいいながらハッキリ伝えます。
やんわりとした命令くらいの命令くらいの感じでもよく、押しに弱い女性は律儀に連絡してきます。

手をつなぐ場合

手をつないでと手を差し出します。自ら手をにぎるのではなく、
女性の目の前に手を出し、女性が手をにぎるのを待ちます。
照れる人は「迷子になるといけないから、手をつないで」と別に本当に迷子になる場所でなくてかまいません。
照れ隠しのボケと思わせてください。
その他、早くとか催促し口で攻めて行動を後押しします。
最後の一歩は女性に決断させます。それによりあなたを受け入れている決断をしていることになります。

キスをする場合

手を握った後はキスですが、この時は聞いてはいけません。
「好き」と言った後、許可を求めずそのままキスしてください。
どうしても言いたい場合は「キスしたい」と言いっぱなしにします。
ちょっと抵抗されたら「好きだからキスしたい」とそのまま進めてください。
多少拒否されてもそのまま進めてください。
キスの時だけは許可を求めてはいけません。
拒絶されなければOKです。

関係求める場合
キスが成功したらそのまま好意を継続します。
基本的にはキスの進め方と同じです。

女性編 恋愛をステップアップする方法

女性の場合は、男性からアプローチされた場合の対処方法になります。
基本的に安易に男性に手を握らせたりキス許してはだめです。
もったいぶってください。

  • 手を握られそうになったら
  • キスをされそうになったら
  • 関係を求められたら
  • 以上の行為に対する返事は1つです。
    「私は交際している人とじゃないとそうゆうことはしません」と断ります。
    絶対に許してはいけません。

    断っているのに男性が近寄ってくる形が理想です。

    それでも迫ってきたら「ちゃんとケジメをつけて」と断ってください。
    断ると男性に嫌われてしまいそうな気もしますが、実際はその逆です。
    断っているのに男性は近寄ってくる結果を得られます。
    男性は基本的に女性に対しての好みは保守的な人が多いです。
    貞操観念が強く自分だけを好きでいてくれる女性が大好きです。

    女性からしたら笑われてしまいそうですが、自分のパートナーはうぶな、お姫様あって欲しいのです。
    ですから断ると逆に、断った女性の事が気になってしまうのです。
    そこで、これを超えたらOKというハードルを用意して、
    男性にキチンと決断させ、ハードルを超えさて、確認をとります。
    男性は貞操観念が強そうだ=好きになって良い人だ。という認識になります。
    逃げれば追いたくなる心理を効果的に使います。

    スポンサーリンク
    関連記事

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です