女性に好意を持ってもらうには、小さな勝負を積み重ねる

スポンサーリンク

女性に好意を持ってもらうには

好きな女性を口説くには、女性の気持ちを盛り上げて、気持ちの準備を整える事が大切です。
恋愛が上手くない人は、断られるのが怖くて何も行動せず
ある時、好きな思いが頂点に達していきなり告白して失敗なんてよくあるパターンです。
いきなり告白みたいな大きな勝負をするのではなく、
好意を伝えたりデートに誘ったり小さな勝負から始めた方が
女性を口説ける確率が圧倒的に上がります。

どうせ失敗するなら、早い段階で失敗します。
小さい失敗は、失敗のうちに入りません。
いくらでも取り返しがきくからです。

女性に好意を持ってもらうには、小さな勝負を積み重ねる

小さな勝負はリカバリーがきく

例えば、女性に断られるのでも、
告白して断られるのと、食事に誘って断られるのとでは意味が大きく違います。
女性に告白して断られたら、
その後、何度も告白するわけにいきませんし、
相手も意識しすぎて、接する事さえ難しくなってしまいます。

もし仮に女性の事を諦められずに、
さらに情熱的に告白しても結果は同じ、また断られるだけです。
断られる時はどっちにしても断られます。
ですが食事に誘って断られたとしても、
その場はさらりと引いて、
次の機会にまた誘えばいいだけです。

奥手な人にとっては、何か行動したり、
好意を伝えて断られる事に恐怖を感じるかもしれません。
断られたらあなたを受け付けなかったなんて
意気消沈してしまうかもしれません。

でも実は断られたのは、タイミングが会わない、気分が乗らない、
都合が悪かっただけ、いきなりなので判断がつかなかった。

実はこんな理由で断られていただけなんて事もよくあります。
軽く誘い断られたら直ぐに引けば、
女性に悪い印象を残さないので、また誘えるチャンスが残ります。

女性を口説くにはタイミングが大切

人間の心には波があるので、今日は断っても明日は大丈夫な事もあります。
そのタイミングは半年後かもしれませんし、1年後かもしれません。
要するに、女性に何度もアプローチをしかけながら、絶好のタイミングを待ちます。

小さな勝負はデートを誘う他にも。好意がある事を伝える、連絡先を聞く、
連絡をする、食事に誘う、手をつなぐなどいろいろ勝負してみます。
もし女性を口説き落としたいなら、小さな勝負は常にするべきです。
無味無臭な男性より、ドキドキさせてくれる男性の方が女性に好まれます。

出会ってから早めに勝負をする。

好きな女性に会って好意をもったら早めにアプローチしましょう。
女性は初対面の時が、最もあなたに対して興味を持ちます。
無意識のうちに、恋人としての対象かどうかを判断しています。

初めてあなたに会って興味の頂点から、
あなたがアプローチを仕掛けなければ
恋人対象から、恋人対象外の友人への判断になっていきます。

一度恋人対象外として判断されると、その後覆すのが難しくなります。
ですから好意を示して、
異性として見ている、見てもらいたいアピールをするべきです。

アプローチに失敗したとしても、
女性に対してあなたを男性として意識させる事ができます。

女性を口説くのは、この異性として意識させるのが重要です。
そのためには女性の事を女だとみている事をハッキリ表します。

要するに自分が彼女に好意があることをストレートに表現します。
女性にハラハラドキドキ緊張感をもっていてもらった方が口説きやすいです。
狙った女性を口説き落としたいなら、何も感じないいい人より、
男性はギラギラしたハンターと女性に感じてもらっていた方がいいでしょう。

女性を誘って断られてもメリットがある

奥手な人は断られた事を、いちいち深刻に考えがちですが、
ちょっと断らたくらいで、落ち込む必要まったくありません。

なぜなら断られても、好意があることを伝えられるので、
女性はあなたの事を意識するはずです。
意識させる事は、好きになってもらう第一歩です。
ですからそれだけでも十分メリットになります。

もしあなたが他の男性より、好きな女性と仲が良い事に満足して、
好意がある意思表示を全くしなければ、
友達以上、恋人未満。
いわゆる良いお友達止まりになる確率が高まります。

異性と意識されていない友達から、突然告白されても断りしかできません。
いわゆる良い人なんだけど、恋人としては見られない。
と、よくある失敗パターンです。
いったん良い友達止まりに認識されて、
そこから恋人にステップアップするのはかなり難しくなります。

勝負をしなくても、結局フラれて断られているのと同じ事

あなたが、失敗を恐れ、女性に好意がある意思表示をしなければ
女性は恋人としての対象からやがて外れます。
なにも勝負しなくても、結局失敗しているのと同じです。
そのうち誰かに好きな女性を奪われてしまいます。
女性があなたを断わる心理状態なら、
告白しても、食事に誘っても、どっちにしても断られます。
それならデートに誘うなど、小さな勝負で様子をみて、
断られたらさらりと直ぐに引きます。

(あなた)今度二人でお食事にいかない?
(女性) うーんまた今度
(あなた)じゃまた誘うから今度はOKしてね。 こんな程度でしつこく誘うのは厳禁です。

被害は最小限で済ませ、悪い印象を与えない事が大切です。
悪い印象をあたえなければ、もし今断られても次の機会に誘えばいいだけです。

勝負をしない失敗より、勝負をした失敗の方が良い

小さな勝負、例えば食事にさそう、好意を示すなどをして断られても
失敗だけでなく、実は良い印象を残す事ができます。
告白される事自体は、女性にとっても気分の悪い事ではありません。
意識させる事が重要です。女性をちょっとだけハラハラさせてください。
何も思われない状態こそが最悪です。

それに引き換え、勝負しないのは、恋人対象でもなんでもなくなります。
いったんそこに落ち着くと、恋人関係になるのが難しくなります。
女性との関係性ハッキリが良いです。もし仮に嫌われていても、
1個でも良い所があると気持ちが変わる事があります。
いわゆるギャップを感じると好きになる法則です。
でもグレーな曖昧な感じは、変わる事がありません。
多くの一人から抜け出すのは至難の業になります。
女性との関係性は曖昧な状況より、良くても悪くてもハッキリしていた方が良いです。

女性にあなたを意識させる

人間の心は波があるので、たとえ今は断られる状況でも、
時間が建てば状況が変わり、次の機会なら成功する場合もあります。
また、女性の気持ちになにかしら変化があった時、
自分の事を思ってくれている人の方が、当然声を掛けやすくなります。
女性に断られたのに、それがキッカケであなたの事を意識し始め、
今度は女性の方から誘ってくるなんて事も少なくありません。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です