メールやLINEの恋愛テクニック

スポンサーリンク

恋愛でのメール、ラインテクニック

メール、ハングアウト、ショートメール、ライン、等
その他各種メッセージツールがありますが、
ネットのコミュニケーションツールは基本的に同じなので、
メール、ラインで統一します。

メールやLINEの恋愛テクニック

嬉しいメール、嬉しくないメール

好きな人からのメールは嬉しく
好きでもない人からのメールは面倒です。
連絡はマメな方が好かれるという意見もありますが、
交際していたり、好きであったりする場合は当てはまりますが
まだ交際していない場合や好意の場合のマメさは逆効果です。

そもそもメールやラインでの連絡は好き嫌いがあります。
忙しければ返信は面倒です。

そもそも、メールやラインが好きではない人は、
メールやラインでの連絡は用件のみにになりがちになりますが
好きな人にとっては、その返事は、そっけないと感じ
感情面で温度差が生じます。

連絡した内容が同じでも、
上手くいく場合も、上手く行かない場合もあり、
運次第になります。
下手に失敗しないように、
メールはあくまで連絡手段にとどた方が無難です。

メール、ラインは只の連絡手段に留める

メールはあくまでも連絡手段と考えてください。
文章で真意を全て正確に伝えるのはとても難しく、
誤解を与えてしまう事もあります。

連絡を受け取った時の相手のその時の気分で、
同じ内容も良くも悪くも捉えられてしまいがちです。
しかも履歴が残るので、内容が悪く伝わった時は最悪です。
悪い印象がいつまでも残ってしまいます。

特に恋愛感情を伝えるには不向きです。
メール、ラインでは口説く事はできません。

断りやすく、冷静に判断されやすく、敬遠されやすいです。
あくまで、簡単なやり取りや会う約束をとる為の手段に留めましょう。
好意を示したりするのは会っている時です。

1回のメールラインでの送信内容は短かめに1つ迄

好意がある人から連絡がくると
つい嬉しくて何度も連絡したり、長文にたい気持ちになりますが
長文は控え、1回の内容で複数の内容を伝えるのも控えます。

内容を通じ、あなたの情報が伝わるととともに、
あなたへの新鮮度度合いや興味が失われます。

新鮮や、知らない物の方が、より興味を引くことができます。
一度に多くの事を伝えず、小出しにしていきましょう。

自分の行動を報告するのは止める

書く内容がなかったり、自分語りの好きな人にありがちですが
今日は何をしていて楽しかったとか、
自分の行動を書いて送るのは控えましょう。

基本的に人間は、自分の事を聞いて欲しく
相手の話を聞くのはあまり好きではありません。

相手が相槌の上手い人だと、つい気持ちよくなってしまい
自分語り過多になります。
いくらあなたの素敵な話をしても、
自慢をしても、あなたの事を好きにはなりません。

自分の話を話している時は、
自分の素敵な部分を話して、それを熱心に聞いていてくれるんだから
きっと気に入ってくれるだろうと、ますます話し込んでしまいますが、
心の中で飽きている場合があります。

相手の事を好意的に感じるのは、話を聞いて共感する人です。
話すより聞くようになるべきです。
自分の行動をメールやラインで送るのは注意が必要です。
聞かれた時以外、積極的に話すのは控えましょう。

長過ぎたり、何回も送るのは逆効果

返信が無いのに何回も送ったり、
長過ぎる内容も良い印象は良い印象を与えません。
好きでもない人からの積極的な連絡は、
自分への好意があると感じさせます。

もう手に入っている物への価値感は低く感じます。
有り難みや貴重感がなくなります。

メールで告白してはいけない。好意を伝えない

メール、ラインでの告白や、好意を伝えるのは
絶対に控えるべきです。

万が一失敗した場合にもずっと残ってしまいます。
それ以前に、顔を合わせていないので断りやすくなります。
断りにくくする事が大切です。

そんな事せず、正々堂々告白して伝えたいと思うかもしれませんが
それならメールやラインではなく直接伝えましょう。
また好意を伝えると、判断を相手に委ねる事になり
立場も弱くなります。

好意を伝えるのは、直接会う時だけです。

マンネリな連絡をしない

人間の脳はマンネリを嫌う構造です。
いつも同じ行動だとあっという間に飽きてしまいます。

・同じタイミングで連絡する
・連絡すれば直ぐ返信が来る
・いつも同じリアクションになったらご注意を。
・直ぐに返信したり、しなかったり、そもそも返信しなかったり
・そっけなく返したり、ちょっと長めに返したり

内容よりも返信仕方で変化をつける方が、
刺激的な印象を残す事も可能です。

メールやラインの効果的なテクニック

メールやラインでの連絡で、
一番気になるのは自分が連絡して相手から返信が来る迄の間です。
この時間を効果的に使います。

直ぐに返信すると、レスポンスが良いので
相手に良い印象を与えそうですが、好意は深まりません。
好意を貴方に向かせるには、気にならせる事が大切です。
最後のメールは極力相手で終わらせるか、返事を遅めにします。

好きな人には直ぐに返信したい気持ちになりますが、
ぐっと控えてみましょう。
返事が遅い事で、貴方からの返事がくるまで
あなたの事を気にならせる事ができます。
どんな返事がくるか気になり、長くなると不安に感じ初めます。

人間が一番不安に感じるのはリアクションが無いことです。
この不安が続くと勝手に悪い方に感じ始めます。
そこで連絡がくると、安心し嬉しく感じます。

ただ、いつも返信が遅いとルーズに感じさせたり、
不快にさせてしまいますから、適度なレスポンスは必要です。
ランダムな返事にして、刺激を与えましょう。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です