怒りを抑える方法

スポンサーリンク

怒りを抑える方法

怒ると全て台無しにする。
こう考えて、怒りを鎮めましょう。

怒って物事を台無した事ありませんか?
私はあります。
散々後悔した経験があります。

持って生まれた性格なので、
本当に直すのは難しい事です。

怒って失敗し反省して
しばらくは怒りを我慢しますが、
やがて忘れ、
頭に血が上り
また同じ失敗を繰り返します。

怒りっぽい人は
どんなに素晴らしい事を
成し遂げても、
怒り一つで
人生を
台無しにしかねません

受け入れられない出来事があって、
頭ごなしに怒っても
相手は受け入れるはずがありません。

無理矢理押さえつけても、
本当に間違っていても、
頭ごなしにすれば、反発するので、
逆効果でしかありません。

なかには正しい怒りもありますが、

怒る事自体が意味のない行動です。
怒って解決する事はありませんが
怒らなければ解決する事はあります。

説教しても、怒っても
それが解決の方法にはなりません。

怒るのは、愛があるからです。

それを思い出してください。

怒りが大きいのは、
大きな愛があるからです。

あなたが愛をもって接してください。
そのほうがもっと効果的なのです。

怒る原因

怒る原因は、
自分の中で正しいと思っている事を
相手がしなかった時

自分の中で間違っていると思っている事を
相手がした時

この2つです。
怒る人は、
自分が正しいと思っているので、怒ります。
自分の基準に対して、
従うものは正しく
従わないものは間違いにしてしまいます。

でもそもそも、
全て同じ人間はいません。
みんな自分の価値観、正義感に従って
行動してるだけです。
みんな自分が正しいと思って
行動しているだけです。

怒りやすい人は、
思考パターンが、
正しいか、間違っているかで判断しがちです。

善か悪か、0か100かになります。
でも、正しいか間違っているかは、
時や場所により変わる事もあります。

あなただけが正しい事もありませんし。
相手だけが正しい事もありません。

そもそも世の中は白黒だけで
判断できるほど、簡単ではありません。
殆どのものはグラデーションです。

自分の意見を押し通せ合えば、
最終的に、行き着くところまで
行くしかなくなります。

怒りで相手を打ち負かし、
あなたが勝ったとしても、
それが、あなたにとって
良いことかどうかもわかりません。

負けるが勝ち
よく言ったものですが、
怒りに満ちて、戦っても、

どんな強い人であっても、
もっと強い人が表れれば、
やがて負けます。
結局いつかは負ける時がきます。

怒りっぽい人と
だれも一緒にいたいと思いません。
怒りに満ちた人は
やがて1人になります。
行き着くところは負けしかありません。

「負けるが勝ち」は、
「損して得をとる」
ということになります。

つまらない勝ち負けにこだわる
つまらないプライドは捨てて
クレバーになりましょう。

怒りで壊れるのは人間関係

怒って1番壊れるのは
人間関係です。

人間が人間である以上
最も大切なのが、
人間関係です。

大切な人間関係を
とことん破壊します。

人間は一人で生きていけません。
一人で幸せにもなれません。

結局怒って、全てを台無しにして、
1番損するのは自分です。

怒ると一時的な
ストレス発散になります。

怒るのは相手のため
そんな理由をつけて怒れば、
自分を正当化する事ができます。

気持ちよくなりやすいので、
ついエスカレートしがちです。

怒るほど人が離れていきます。
自分の思い通りにならなくて、
怒りで従わせても、
その場だけです。

人が離れたら、
怒る意味すらありません。

・なんで怒っているのか?
・何のために怒るのか?
・怒って何か変わるのか?
・怒った相手はどう感じるのか?
・怒れば解決するのか?

・他の方法はないのか?

怒りが収まらないときこそ、
少し落ち着いて考えてみましょう。

怒って失敗した経験があれば
思い出して気を静めましょう。

怒りの連鎖

怒りは怒りを呼びます。
怒りすぎると感情的になり、
言うべきでない、
余計な事まで言ってしまいます。

覆水盆に返らず。

こんな言葉もありますが
とことん壊してしまうと
元に戻らなくなります。

本当に大切な物を
失ってしまうかもしれません。

人は自分の鏡です。
全て自分に返って来ます。

あなたが怒れば相手も怒り
あなたが怒ろうのを止めれば
相手も怒るのを止めます。

・怒らなくてよい方法を考えましょう。
・他人の感情も受け入れてみましょう。
・怒って思い通りにならなくても、だからどうなの?
・怒る代わりに愛を与える努力をしましょう。

本質は憎しみあう事ではありません。
理解し合う事です。

理解されるより、理解する事から
初めてみましょう。

くだらないプライドや、
執着心は捨ててしまいましょう。

マザーテレサの言葉で怒りを抑えよう

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、
人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをした
と言われるでしょう。
気にすることなく、
善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に
出会うことでしょう。
気にすることなく、
やり遂げなさい。

善い行いをしても、
おそらく次の日には
忘れられるでしょう
気にすることなく、
善を行い続けなさい。

あなたの正直さと
誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく
正直で誠実であり続けなさい。

助けた相手から
恩知らずの仕打ちを
受けるでしょう。
気にすることなく、
助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを
世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。
気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい。

マザー・テレサ

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です