人生を気楽に生きる5つの方法

スポンサーリンク

人生を気楽に生きる5つのコツ

人生は楽しく気楽に生きましょう。

天才は努力家に勝てない。
努力家は楽しんでいる人に勝てない。

こんなことわざもありますが、
楽しんで生きていた方が
成功しやすいでしょう。

人生を気楽に生きるには、
水の様に生きてみましょう。

水は高いところから、
低い所に流れます。

何かにぶつかれば、
流れが変わります。

でも水の一滴は岩をも砕きます。

自然の流れにそう
コツコツ積み重ねる
そんなイメージです。

気楽に生きるコツは以下の5つです。

・全て受け入れよう
・比較をしない
・柔軟な考えを持とう
・愛す人と自分を愛してくれる人間関係を築こう
・楽しむ事を優先させよう

順番に説明します。

全て受け入れよう

全て思い通りになる人はいません。
受け入れがたいい出来事、
どうしても手に入らない事や
達成できない事だってあります。

それを無理矢理、
思い通りにしようと
執着すると、
問題が起きたり
苦しみに変わります。

自分に起きた受け入れたくない出来事も
受け入れてしまえば気持ちが楽になります。
後から過去の捉え方が変わるものですから。

例えば、異性にフラレて
落ち込んでいたとします。
駄目な自分を受け入れて
その後、自分を磨いて成長し、
本当に欲しい物を手に入れるなんて
よくある話です。

過去に似たような経験ないでしょうか?
最初は何も持たずに生まれて、
最後は全て手放して死んでいきます。
最後まで残るのは思い出くらいです。

だから、離れて行くものは
最初からあなたの物ではなかったと
考えましょう。

人生は波の様な物です。

・手に入れたり、失ったり
・良かったり、悪かったり
・タイミングも、良かったり悪かったり

全て波のように
繰り返しているだけです。
波に身を任せましょう。

今出来ないことも、
ちょっと未来なら
簡単に解決できるように
なっているかもしれません。

タイミングも重要です
思い通りいにしようとせずに、
すべて受け入れましょう。
起きた出来事に対処すればいいだけです。

比較をしない

隣の芝は青いといいますが、
比較しているうちは、
何をやっても満足しません。

・あの人はお金持ちでいいな
・あの人は見た目が良くていいな
・あの人は頭が良くていいな

この考えだと、
いつまでたっても満たされません。

あなたがお金持ちになりたくて、
成功してお金持ちになって満足しても、
もっとお金持ちの友人と付き合ったら、
満足できなくなってしまった。
実際こんなもんです。

満足感は競うものではなく
自分の感じ方です。
つい比べてしまう他人の事は、
思考から排除する努力をしましょう。

柔軟な考え方を持とう

人間は自分の価値観で
物事を判断しがちです。
自分と同じ意見は正しい
違えば間違っている。
白か黒の二者択一の判断です。
しかも押し付けて
思い通りにならなければ
ストレスになります。

皆自分が正しいと思って
行動しているだけです。
例えば捉える印象は
人によって異なります。

人はそれぞれ物事の判断基準が違うので、
同じものを見ても
感じ方や捉え方が違います。

自分の思い込みで判断すると
争いが起こります。
人と意見が合わない時、
自分が正しいのに、
相手は自分勝手で間違っている。
と、相手を責める人見かけます。

お互いの信念がをベースに話しており、
お互いに自己中心的な価値観の
押し付け合戦になってしまっています。

例えば、
先日、ファーストフード店で
女子中学生がスマフォを
無断で充電していたので、
別のお客が注意していました。

同然、中学生が悪いと考えがちですが、
お店の人にとっては
常連客だったかもしれないし、
これからのお客だと考えて
毎日でなければ、
問題無いと思っていたかもしれません。

自分の価値観だけではなく、
相手の価値観で考えてみると
少し柔軟に考える事ができます。

3人いれば3種類の見方があります。
自分の考えが間違っているかもしれない
相手の気持になると、
物事に対して、
柔軟に受け取れるようになります。

愛する人、自分を愛してくれる人間関係を築こう

人生を楽しく感じるコツは、
必要とされる存在になることです。

自分の愛する人、
自分を愛している人と
過ごす時間は幸せです。

仕事や趣味をどんなに頑張っても
誰かに褒められたり、
評価されたりしないと、
無意味に感じてしまいます。

何でも話し合えるような
人間関係を作ることは、
人生を楽しく生きてく為に
とても重要な要素ではないでしょうか?

誰かに必要とされる人間になろう。
誰かの力になりたい。
誰かに喜んで貰いたい。
そう思うと
とてもやりがいを感じないでしょうか?

利己の幸福より利他の幸福の方が
満たされますが、
自分が満たされていないと
その余裕はないので、
まず自分を満たしましょう。

人間は1人で幸せになれません。
人との関わり合いの中で、
誰かの役に立つことで
楽しく感じるたり、
幸福を感じます。

恋人や仕事仲間、
趣味仲間でも何でも良いので
必要とし合えるような
人間関係を築きましょう。

楽しむ事を優先させよう

仕事をするのは何のため?
家族があるのは何のため?
趣味は何のため?
人間関係は何のため?

楽しむ為に始めたはずなのに、
義務や苦痛になっていた。
よくあることです。

好きで始めた仕事が、
生活の為、お金を稼ぐことになったら
つまらなくてたまりません。

※お金を稼ぐことが
幸せの価値観の人もいるので
その場合、
お金を稼ぐのが幸せで構いません。

それなんのためにやっているの?
自分の価値判断の基準を
思い出してください。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です