無駄なプライドを捨てる10個の方法

スポンサーリンク

無駄なプライドを捨て、自分らしく生きよう

プライドを持つことは大切な事ですが、
プライドが高すぎると、
物事をうまく進められない原因にもなります。

例えばプライドが高いから、

  • 恋愛や結婚も上手くいかない。
  • プライドが高いと職場でも浮いてしまう。
  • 人間関係もうまくいかない。

とにかくプライドを守りたいので
自分の評価が気になり、
他人とばかり比較して
納得できないとイライラして
直ぐに怒ります。

高すぎるプライドは逆効果です。
プライドなんか、なんの価値もありません。
格好よくやりたい、よく見られたい、
これって必要でしょうか?

そんな事をいちいち考えない方が、
気楽で自由にやれるのではないでしょうか?

プライドの原因と効果

人には誰でも、
誰かに認められたい
誰かに褒められたい
という向上する気持ちがあるからこそ
一生懸命努力して、
自己実現の為の原動力になります。

しかしその気持ちが強すぎると、
本来の趣旨を見失う事になり、
成長の妨げになります。

プライドが高すぎる人の特徴

まわりからプライドが高くて、
面倒な人と思われていても
自分で自分の事を
プライドが高すぎるとは気付きません。

そう思えるなら修正できるからです。
まずは自覚する所からです。
息苦しい状況にいるなら
プライドの高い人に自分が当てはまるかどうか
チェックしてみてください。

  • 自分の間違いや失敗を認められない
  • 失敗が怖くて行動できない
  • 失敗すると傷ついて落ち込む
  • 自分を実際よりも大きく見せようとする
  • 自分一人で問題解決しようとする
  • 常にイライラしている
  • 細かいでもすぐ怒る
  • まわりの人間は使えないと感じる
  • こだわりが強く頑固
  • 人に助けを求めないし、人に頼らない
  • 強がり虚勢を張る
  • 自慢話が多い
  • 忙しい自慢をする
  • 一度怒った相手を二度と許さない
  • 自分が悪いのに謝らない
  • 自分の功績を自慢する
  • 人に教えたがる
  • 自分が良いと思う事を他人に押し付ける
  • 他人の批判が多い
  • 身の回りの人間を敵か味方に分けたがる
  • 言いなりの人を従え、そうで無い人を遠ざける
  • 他人を信用しない
  • 自分に従う人身近におきたがる
  • 従う人にマメに連絡させる。連絡がないと怒る
  • 権力やブランドに近づき、自分の自慢に使う
  • 本を読んだとか知っただけで、実績も無いのに一流気分
  • 地位名誉に執着する

高すぎるプライドを捨てる10のコツ

基本的に年齢とともに、
自然にプライドは高くなりがちです。
自分らしく生きるために、
不要なプライドは捨てましょう。
つい必死で妄信的になり、
ちょっと成功しただけで、
高すぎるプライドを身に着けてしまいます。

そして高くなりすぎても、
失敗や挫折を味わうまで、
中々気付かないし変われません。

ちょうど良いバランスに保つには、
己を知ることです。
良くも悪くも身の丈を知ることです。

人に勝とうと思わない

何かを成し遂げなければならない。
誰かに勝たなければならない。
そんな気持ちになり焦るかもしれませんが、
勝つ必要も焦る必要もありません。
勝つから幸せではありません。
成し遂げたから幸せでもありません。
幸せだと感じれば幸せなだけで、
あなたの心の問題だからです。

焦っても結果は対して変わりません。
焦って良い事など何もありません。
何かをしなければならないという、
固定概念にとらわれているだけです。
執着でもあります。

背伸びしない

他人に憧れても、
他人は他人、自分は自分です。
良くも悪くも自分以上にはなれません。
他人より優れる事よりも、
昨日の自分より成長する事が大切です。
若い頃は、功績を残したい気持ちもわかりますが、
感謝されたり、誰かの役に立つ事を追求していれば、
結果は後から付いてきます。

できない事は、できないと言う

できない事はできないと言って、
誰かに助けて貰いましょう。
確かに能力に秀でた人はいます。
しかし人間1人の力は、
たかが知れています。
そして上には上がいます。
いつかは負けます。
個人の力より、チームプレイの方が
人数以上の成果を出す事ができます。

先の事を考えない

先の事を考えても、その通りにならないし
心配しても解決しないからです。
目標も大切ですが、
全然目標達成できないのに苦しんだのに、
あるとき方法を思いついて、
点と点が結びつき線となり、
一気にすっとばして達成する事の方が多いです。
目的がプレッシャーにもなったら逆効果ですし、
漠然となりたい自分をイメージして
目の前にある、
どうしてもやらなければ、
ならない事に集中していれば、
いずれ目標にたどり着きます。

成功しよう、上手くやろうと思わない

よく聞く事ですが、成功の反対は失敗ではなく、
何もしない事です。
成功から学ぶ事の方が少なく、
失敗者の多くは、
過去の小さな成功体験から逃れられない事です
また何かを始める時に、プライドが高い人は、
完全な物を作ってから始める傾向があります。
やっても見ないのに、
成功するかどうかなんてわからないのです。
失敗して当然くらいの気持で、
とりあえず初めて
やりながら修正して行く方が、
結果が出やすいはずです。
現代は時代の移り変わりが早いので、
それに対応しなければいけない時代です。

負けるが勝ちと思う

負けたりすると悔しい事です。
プライドを傷つけられたと怒る事は、
全て逆効果です。
長期的に考えれば、
いちいち怒らない方が
はるかに良い結果につながります。
悔しくても、
それぞれの正義で動いているだけで、
正義も悪もありません。
負けたら運を貯めている。
そして、長期的に考えましょう。
あなたが死ぬまで物事は続きます。
全ての事が途中で終わる事はありません。
最後に良くなっていれば、
全て良いことになり、
途中が良くても最後が悪ければ
全てが悪くなります。

現時点で成功か失敗か判断しない

人生も気持も振り子のような物です。
同じ出来事でも、捉え方により、良くも悪くも感じます。
達成したから幸せではありません。
物事や出来事に一喜一憂する事に
あまり意味はありません。

悪くなくても誤る

生きていれば、自分が悪くなくても
謝らないといけない状況は山ほどあります。
あやまっちゃった方が早くて楽です。
そして、長期的に考えれば得です。
負けるが勝ちです。

過去の栄光は忘れる

あなたがいくら成果を残しても
あなたがいくら凄かったとしても
全ては過去の事です。
それを自慢されても誰も興味はありません。
今や未来に努力をしている人は
過去なんて、過ぎ去ったどうでも良いことです

プライドを捨てた方が生きやすい

無駄なプライドを捨てると、
肩の荷がおりて生きやすくなるものです。
なんの価値もないプライドはさっさと捨てましょう

自分は良くも悪くも自分以上の人間になりません。
あなたが凄いと感じている人も普通人間です。

得意な部分を見れば、
劣等感や焦りを感じるかもしれませんが、
不得意な部分をみれば、
自分とたいして変わりません。

人は人、自分は自分です。
他人と自分を比べる事に意味はなく、
勝っても負けても意味ありません。

人間に能力の差は対してありません。
個性の差にすぎません。

無いものねだりでストレス貯めるより、
今自分にある物が、
あなたが手にした最高の物です。
手にする物でやるしかありません。
その為にプライドを捨てましょう。
なりふりかまわずできるようになります。
そんな一生懸命の姿をみれば、
応援して助けてくれる人も現れます。

しかし、物事が上手く行かないのが、
プライドが高すぎるのが原因だと考えて、
自分の行動を改める事ができるなら
誰も苦労はしませんし、失敗もしません。

思うようにやってみて、
上手く行かなければ、当然失敗します。

失敗し挫折してようやく、
無意味なプライドが邪魔していたことに気づきます。
どうでも良いことに、
こだわっていた事気づくでしょう。

むしろ、大きな失敗や挫折は
プライドを捨てるための
儀式のようなものかもしれません。

自分は生かされている、
廻りの人に心から感謝できる。
自分で花束を持ち掲げるのではなく、
人に花束を渡しその人を輝かせる事に
喜びを感じられるようになるはずです。

いつ気づいても、いつから始めても
遅いことはありません。

自分が本当に望む事、
自分がどうしたいのか?
自分に素直になれば、
無駄なプライドなんかどうでもよくなります。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です