告白してフラれた後でもチャンスがある

スポンサーリンク

告白してフラられてもチャンスがあります

告白して失敗して落ち込んで、
こんな事なら、
告白しなければよかった、
と落ち込んだり

仲が良かったのに、
関係が崩れて、仲良く無くなってしまったなんて
後悔したりしていないでしょうか?

実は告白は1回くらい告白して失敗しても
落ち込む必要はまったくありません。
まだチャンスがあるからです。

リカバリーすれば、
交際につなげる事も可能なケースの方が多いでしょう。

なのに、落ち込んで、何もしないでいると、
そのチャンスを逃してしまいます。

そもそも告白は、何回もした方が、
成功の確立は上がります。

女性はそもそも、
告白されて付き合うにしても、
何回も告白されたい生き物です。

モテる人は、一回告白が失敗しても、
落ち込みません。
次はいつどうやって告白しようくらいしか
考えていません。
第一回目は失敗したけど、次はどう告白しようかな?
このくらい軽い気持ちで行きましょう。
この方が成功します。

告白してフラれた後でもチャンスがある

告白してはいけない。

そもそも、異性と交際を始めるのに、
告白をしてはいけません。
告白して成功するのは、
相思相愛だった場合か、
断わるのが下手な女性や男性の場合だけです。

いきなり告白をして成功する確立は、
実はかなり低いのです。
モテる人がやっても失敗しやすいです。
つまり、告白自体をすべきではありません。

何かを決断する事は、
人間にとってかなりのストレスになります。

交際するかしないかの判断は、
かなりの大きな決断になります。
もしかしたら自分の運命を左右しかねないから、
大きな精神的な負担を伴う決断になります。

あなたが好きなの人に告白した時に、
相手いきなりなので、
そもそも貴方になんの感情も
持っていないことのほうが多いです。

そんな何も意識していない状態の人に告白をして、
相手は突然人生を左右する決断を迫られて、
すぐに返事をしなければいけないのです。

相手は真剣です。
だから直ぐに返事をしないといけないという、
プレッシャーも感じるはずです。

あまり考える時間もなく、
返答しなければならないので、
返事は「No」にしておけば、
とりあえず問題無いかな?と

その場をやり過ごす為、
Noを選ぶ傾向が強まります。
人間は迷うとNoを選びやすいのです。

仮に告白されて、
あなたの事をパートナーとして考えた場合でも、
真剣に考えれば考えるほど、
この人で良いかな?
もっと良い人いるかもとか、

この部分は好みとちょっと違うとか、
真剣に交際相手を選ぼうとすると、
交際相手に対する選考基準が、
自然と高くなりがちになるので、
やはり断られやすくなります。

そもそも告白という行為自体が
断られやすいのです。

告白は実は乱暴

「好きです。付き合ってください」というのは、
相手の許可を求めて、
同意を得てから進める行為ですが、
自信のない人ほど、相手に許可を求めがちです。

告白された側にとっては
実は告白は、心理的にはかなり乱暴で強引な行為です。

「自分の物になって下さい」とか
「関係を持たせてください」
と言っているのと、
意味合いはさほど変わりません。

告白は物語や映画の中では、
印象的で美しく感動シーンに使われます。
でもあくまでも物語の中での話です。

現実世界では、告白しなくても交際が始まりますし、
告白はしないほうが、
交際できる成功率が高まります。

告白はタイミングも大切

告白してフラレて失敗すると、
つい自分が至らなかったと考えがちですが、
実はタイミングが悪かっただけで、
特に理由が無いなんて事はよくある話です。

何かに夢中だったりすると、
交際する気持ちになりません。

相手に好きな人ができたばかりだと
他の人に目が向かいにくいです。

相手の現在の状況や心理状態は、
外からはわかりません。

ですから、昨日告白が失敗したのに、
今日は成功するなんて事もあります。

その時の状況や心理状態によって、
成功するか失敗するかはかなり変わります。
告白のタイミングは重要です。

交際に告白は必要ない

告白を成功したいがため、
真剣に告白した方が誠意が伝わるとか、
成功の確立が高まると考えるのは、
あなたのエゴにすぎません。

真剣な告白でも気軽な告白でも結果はかわりません。
成功する時は成功し、失敗する時は失敗します。

真剣な告白は、相手に心理的負担をかけるだけです。
真剣すぎると、重いとか怖いとか印象を与えてしまいます。

そもそも交際に告白する必要はありません。
キスをしたり、関係をもったりすれば
交際しているのとかわりがない状態です。

それでもどうしても告白したい場合は、
交際した後に、確認の為に告白しましょう。

美人イケメンでも告白は失敗する

告白して失敗した時に、
落ち込んで悔やみやすいのは
もし自分が美人やイケメンだったら
告白が成功するにに、
と考えるかもしれませんが
あなたがイケメンや美人であってもなくても、
告白の成否に違いはありません。

容姿の良い人は、小さい頃から異性が寄ってきます。
そうすると、自分で行動しなくても良いので、
異性を捕まえようとする能力があまり鍛えられません。

もちろん容姿は、パートナー選びに対して、
要因の1つではありますが、
むしと小さいほうの要因にすぎません。

パートナー選びは複合要因で選びます。
容姿が悪くても、他の長所で補えます。

ですから、美人やイケメンは見た目ほどモテません。
イケメンや美人の告白の成功率も高くありません。

むしろ、容姿が良いと、期待されすぎて、
ガッカリされる経験のある美人イケメンも多いはずです。

それに交際してしまえば、
ブスブサイクでも綺麗に見えてくる不思議です。
見た目なんてその程度の事です。
見た目が良くても大きなアドバンテージにはなりません。
そんなことより清潔感の方が大切です。

ブスブサイクよりもっと問題なのは、
それに起因する自信の無さの方が大きな問題になります。
自信のないブスブサイクは魅力がありませんが
自信のあるブスブサイクは魅力的です。
自信を持ちましょう。

告白の失敗は失敗ではない

告白してフラられても失敗ではありません。
あなたの事を意識していなかった人に
あなが好意をもっていると意識させる事ができたので
むしろ成功です。

告白して失敗して気まずいと感じ、
その人を避けてしまうのは、
最もダメな行為です。

好きでも嫌いでもなかったのに、
嫌われてしまいます。

例えば告白を失敗した後に会った時に、
積極的に明るく声をかけたり、
再度好意を伝えるくらいの余裕をみせれば、
失敗して気まずい印象も改善する事ができます。

失敗も重ねると慣れてきて、
失敗感が薄れます。

一番行けないのは気まずくなって避けてしまうことです。
避けたら本当に嫌われてしまいます。

告白の失敗は失敗ではなく、
むしろスタート地点と考えましょう。

告白して失敗したら、印象を変えて見よう

印象が変わると相手に刺激を与えることが出来ます。
自信がなくなると服装にも影響します。
失敗すると、服装も地味になってしまいます。

男女ともモテるのは「自信のある人」です。
ちょっと今までと印象を変えてみるのも効果的です。

フラれたあとでもチャンスはある

一度フラれたくらいで二度とチャンスがなくなるなんて事はありません。
相手に好意があることを伝えられたのでむしろプラスです。
好意を示さない人間より、好意を示してくれた人の方が
印象は良いはずです。
人間には心の波があります。
今日はダメでも、明日良い場合もあります。
人間良いことばかり続きません。
弱っている時もあれば、好みが変わる時もあります。
そしてチャンスがくる時もあります。
フラレて自ら身を引くのではなく
チャンスを狙う為に、
まずは普通に気軽に声をかけられる状態まで近づきましょう。
フラれた後でも、普通に接すれば、普通に接触できる様になります。
コツなどありません。
あなたがフラれた事など気にせず普通に振る舞えばいいだけです。

フラれた後の連絡の取り方

まずは、普通に連絡をとれる状況を作りだします。
この時は好意は示すべきではありません。
土曜日の夜にメールやラインで連絡してみます。
土曜日の夜に一人でいるのは一番寂しくなりやすい時間だからです。
平日は仕事でいっぱいで興味がありません。
金曜日は一週間は終わり、気持ちが高揚しているのでそれどころではありません。
土曜日は休日を楽しく過ごす人や、楽しいテレビ番組が多く
一人でいると気持ちが下がったり、だれとも話さない時間が多く、
寂しくなりやすく連絡をくれる人がありがたく感じやすいからです。

当たり障りのない、ほんの一言のメールやラインをしてください。
元気?とか
何しているのかな?と思って連絡してみた とかでいいです。
返ってきた反応に対し、質問します。
その後は返事が返ってきても来なくても連絡しません。
ポイントは自分から送り、相手の返信を最後にします。
貴方から送る回数は2回までです。
メールもラインも連絡して、返信が来るまでが一番気になります。
この気にさせる事が、貴方に気を引く第一歩になります。

連絡したのに返信が返ってこないと、なんでこないの?
怒ったの?なんで連絡してきたの?とか気になるはずです。
あなたが連絡するまでずっと心のそこで気になるはずです。
人間が一番精神的に不安定になるのが反応が無い事です。

返信の内容にもよりますが
次の連絡は一週間後以上先の同じく土曜日です。
その時に、前回の返信をしてください。
一週間前の返事が「これからスポーツ番組見る」とかだったら
今回の連絡は、「勝ったね」とか「負けたね」とかです。
つまり気持ちを一週間前の気になる時間に戻します。
この時も連絡を送るのは2回までで相手の連絡で終わらせます。

この後は、なるべく1周間以上の時間をあけたり、直ぐに返信したり
なるべくランダムに、上限2回で相手からの連絡を最後にする様に連絡をしてみましょう。
普通に連絡を取れる様になれば成功です。
連絡を取れる事になるのが目的なので、
メールやラインで好意を示してはいけません。

注意点
・好意を示してはいけない
・相手の連絡を最後にして連絡を止める。
・長い文章はいけません。1行か2行迄です。
・1回の連絡は1個の要件のみです。
・あなたの近況を書いてはいけません。興味を引きたいからです。

チャンスを待つ

普通に連絡が取れる様になっても
積極的すぎると避けられてしまいます。
なるべく普通に接します。
時折連絡したり、しなかったり
好意をほんのり匂わせたり、匂わせなかったり
少し距離を保ちつつ、チャンスを待ちましょう。
チャンスは必ず来ますが、
一人に夢中になっていると相手も警戒します。
他の人に目を向けつつ同時進行くらい軽い気持ちの方が
上手くいきます。


スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です