つまらない人生を、楽しくする方法

スポンサーリンク

Contents

人生がつまらない人の為の、人生を楽しくする方法

毎日毎日、同じことの繰り返しで、
苦痛でもないけれど楽しくもない。
人生ってなんだかつまらなく、
生きていることが虚しくなる。

こんな風に思う事はありませんか?
今現在そう感じているなら、
人生を楽しく生きるべきです。

一生に一度の人生です。
手遅れになってはいけません
楽しく生きなければ損です。
楽しく生きた人の勝ちです。

つまらないと言っているだけでは、楽しくなるはずがありません。
つまらない人生を卒業して新しい毎日を過ごしてみませんか?

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_s

人生がつまらないと感じる原因

面白い事が無いのでつまらないのですが、
その原因を考えると、
つまらなく感じる原因が見えてきて、
楽しい人生に変えるヒントになるはずです。

脳科学的につまらない原因を考える

楽しいとか、つまらないと感じるのは、
そこに起きている事柄そのものが、
つまらない事か、面白い事という事ではなく、

あくまで脳の中で起きる物理現象にすぎません。
それではなぜ脳がそう感じるのかというと、
人間が楽しいと感じている時には、
脳の中で、幾つかの快楽物質と呼ばれる物が
分泌されているということが分かっています。

脳が幸せを感じる快楽物質は
「ベータ・エンドルフィン」「ドーパミン」「オキシトン」などです。
この「脳内快楽物質」が脳の中で物理現象に対して、
脳が、楽しいとかつまらないと判断しています。

ですから、脳内快楽物質を出るような状況に身を置けば、
人間はつまらない毎日から開放され
楽しいと感じる生活を送る事ができます。

脳内物質が分泌されるのは

・楽しい事をしている時
・人と対話する時
・夫婦や恋人といる時
・誰かの為に働いている時
・困難を克服した時
・目的を達成した時
・好奇心が働いている時
・関係で興奮しているとき
・美味しい物を食べている時
・博愛行動
・育てている時
・愛する時
・愛される時
・誰かの役にたつ
・弱い者を守る

等です。
これらの行動をとる時には、
つまらないと感じずに、
楽しいと感じているはずです。

しかし脳は同じ刺激が繰り返されると、
慣れが生じて、分泌用が減り、
幸せを感じなくなります。

つまり、どんな楽しい事をしていても、
どんな恵まれた状況におかれても、
やがてマンネリ化して、
つまらないと感じるようになります。
楽しいと
刺激は与え続ければなりません。

恵まれた状況でもやがてつまらなくなる

具体的には幸福な人生というと、
平穏無事な人生をイメージしますが、
刺激が少ないので、やがて幸福を感じなくなります。
ですから、脳には刺激を与え続けていないと、
やがてつまらないと感じるようになります。

人生がつまらないと感じるのは、
脳に与える刺激が少ないからです。
ですから常に充実した生活を送るには、
常に刺激を与え続けなければなりません。

刺激が足りないから

脳はそもそも飽きっぽい構造です。
常に刺激が必要です。
それには、新しい挑戦が必要です。

新しい事を始めるのは、
面倒だったり、困難だったり、
苦痛であったりします。
刺激のある毎日を送るには、
新しい事を始める、
面倒や苦痛トレードオフです。
挑戦が必要です。
でも初めてみれば楽しいはずです。

そこが自分の居場所ではないから

つまらないと感じるのは、
つまらない事をしているからです。
学校がつまらない、仕事がつまらないなら
そこはあなたの居場所ではありません。
そうであれば、居場所を変えるだけですが、
生活の為になかなか変えられない
という人もいると思います。

居場所を変えずに、楽しい事を見つけるには、
何をやるかではなく、どうやるかを考えてみます。
同じ事をやっていても、楽生きていくののをやめている人がいます。
同じことをやっていても、
つまらないと感じる人がいます。

谷選手の場合

元柔道選手の谷亮子さんが、
現役当時のテレビインタビューで
語っていました。
アナウンサーの人が
何年も厳しいトレーニングをするのは
大変ではないんですか?
モチベーション下がったりしないのですか?
と訪ねていました。

それに対する谷選手の返答は、
現在1000のトレーニング方法があり、
さらに新しいトレーニング方法を考えるのが楽しい
と語っていました。
辛いトレーニングを楽しい事柄に置き換えています。

配送の場合の楽しくなる思考法

例えば配達の仕事がつまらないとして、

・再配達をしない方法を試したり、
・最短ルートで回る方法を考えたり、
・お客様に喜んで貰える一言を考えたり、
・新しい配送方法を考えたり、
・独立する方法を考えながら配達したり、
・荷物の種類のデータをとってみたりすると

つまらないと思っている事でも
考えれば楽しい方法はいくらでも見つかります。

営業の場合の楽しくなる方法

営業といえばノルマですが、
ノルマ達成ばかり考えて仕事をすると、
初めは数字が上がるので楽しいかもしれませんが、
同じことの繰り返しになるので飽きてきます。

であれば、他の方法を考えた方が、
効率的で飽きずに続ける事ができます。
営業は仕事を獲得するのが仕事です。
受注を獲得すれば良いわけですから、
達成する方法は1つではありません、
考えれば、やり方はいろいろ出てきます。

例えば、お客様を見つけるのって大変です。
それを苦にして、
仕事が嫌になってしまう営業マンも多いです。
でも、次から次へとお客様がやってくる
システムを作れば、営業担当の心労も減り、
新しい集客方法を考えるのが楽しくなります。

・広告手法を考えます。広告の方法、頻度、内容等
・名刺を工夫してみる。個性的な名刺を作ります
・ブログで宣伝してみる。
・SNSで知り合いを増やすだけでも自然と注文が増えます。
・異業種交流会に出かけて知り合いを増やす。
・ラジオ出演する
・WEBサイトを作り、運営する

考え始めればキリがないはずです。
集客する方法は山ほどありますし、
そもそも、この世の中は広いので、
誰かが考え、成功方法を見つけています。
ゼロから自分で考えるより、
成功している方法を試すほうが早く、
真似しているうちに自分なりの方法が見つかります。

学生の場合

学生ならば、時間があるので
山ほど試す方法あります。
何かに縛られてもいません。
自由度が高いのに、つまらないのは
なにもやっていないからです

つまらない毎日から脱却したいなら、
答えは簡単です。なんでもやるべきです。

好きな人と過ごすか、
やりたい事をやるだけでも楽しくなるはずです。

友人作るも、好きな人に告白するも
休学するも、アルバイトしても、
退学しても、違う学校に入っても、
ブロガーになっても、
学生のまま会社を作ってもよいです。

社会人に比べ時間があるし、
責任も低いので、何でも試すべきです。
なにも禁止もされていません。
やりたい事なんでも出来るのに
やらないのは持ったいないです。
失敗してもリスクが低いし、
若ければ若いほど失敗しても
やり直すチャンスがあります。

目的を決めなくて良い

つまらない毎日から脱却するために、
何かをやらなければいけないとか、
これをやるべきなんて事ありません。
なんでも思いつく事やるべきです。

勉強とか資格とか考えない方がよいです。
どうしてもそれがしたいならするべきですが、
「経験を増やす」それだけで十分です。
数多くの経験をするうちに、
経験の点と点が繋がり、
やがて線となり、太い線になっていきます。

・やった事無い事やってみる
・経験した事無い事やってみる
・アルバイトしてみる
・やった事無い遊びをしてみる
・SNSを初めてみる

こんな程度で十分です。
何かを得るために、何かをやるなんて
硬い考えをもたず、
都に会えず興味のあること何でもやってみる。
そんな程度でじゅうbんです。

つまらないのはやりたくない事やっているから

やりたく無い事をやっていれば、
つまらないのは当たり前です。
何かの理由があり、
我慢しなければならない状況なら仕方ありません。
つまらないと思いながらも、変えないのは、
実は現状に満足しているからかもしれません。

でも1生に1度の人生です。
好きな事やりたい事やった方が楽しいはずです。
毎日がつまらないと感じるなら、
変えられない状況の中でも出来ることを考えるべきです。
思い切って、その場を離れてみるのも選択の1つです。
金銭的に苦しい事もあるかもしれませんが、
なんとかなるものです。
楽しい事を自由にやる人生はすばらしい物です。

物事を始めるには困難がつきもの

やりたい事を始めるには困難になる事かもしれません。
困難に怯え何もしないより、
起きた困難は、自分を試す試練と前向きに捉えましょう。
人間の脳は、困難を克服した時、目的を達成した時に
脳内快楽物質が分泌される構造です。

あなたも過去の記憶を思い出してみると、
困難だった記憶の中で、
生きているって感じた経験もあるはずです。

平穏無事な人生より、波乱万丈の方が楽しい

歴史に登場する偉人たちを見ても、
波乱万丈の人生を過ごした人も多いです。
本人はそれを乗り越える度に、
深い幸福を感じていたはずです。

変化をするには勇気が必要です。
困難も自分を成長させる試練と思えば楽しいはずです。

人生で後悔した事はなんですか?というアンケート

アメリカで実施されたアンケートで
90歳以上長生きした人の7割が後悔したことを発表していました。
答えは「冒険しなかった」ことだそうです。

もう自分の年齢では、
何も出来ないと諦める必要はありません。
人生はでも、いくつになっても遅いことはありません。
何回失敗してもかまいません。
思い立った時に、やりたい事に挑戦するべきです。

やりたい事がみつからない

やりたい事が既に見つかっている人は幸せです。
でも、やりたい事って、簡単にみつかる物ではありません。

無理に自分探しをしてみても、
瞑想して自分を見つめ直しても見つかりません。
自然に見つかる事で、探しても見つかりません。
ですから無理して探す必要ありません。
普通に生きていれば見つかります。

やりたい事はそのうちに見つかる
やりたい事をやっている人を見ると、
自分はまだ何も成し遂げていないと
焦る気持ちになるかもしれません。

しかしあなたがやりたい事が見つからなくても
焦る必要ありません。
見つかるまで放っておいて構いません。

そもそも探して見つかるものではありません。
それができれば誰も苦労したり悩んだりしません。

ですから焦る必要ありません。
何もしなかたら、何も変わらないと、
焦るかもしれませんが、
実は現状を維持し続けることってかなり難しい事です。
つまらない状況を維持するのも難しいのです。
何も変えようとしなくても、変わってしまします。
それが人生です。
全ての人が波乱万丈です。

やりたい事は時期がくれば見つかる

やりたい事は時期がくれば自然に見つかる時がくるので、
そのまま生活していても問題ありません。
でも、今現在ちょっとでも興味ある事があれば、
お試しでもよいので初めてみましょう。
それが人生を左右する
大きな出来事のキッカケになるかもしれませんから。

でも基本的には、誰でも自然に必ず見つかるので大丈夫です。
目的の事に、巡り合うまでの時間が、
人によって、早い人と遅い人います。
早い人を見れば焦るかもしれませんが、
そんな必要皆無です。
あなたにとっての最適な事、最適な時期がくれば、
やりたい事が見つかるはずです。
安心して待てばよいでしょう。

そもそも、そんな事を考えていなければ、
このページにたどり着く事もなく、
こんな長い文章をみてもいないはずです。
つまりもがいて動いている証拠で、
もがけば必ず出口が見つかります。

何かを始めるのに遅いという事はない

何かを始めるのに、遅いから辞める必要はありません。
始めたいと思った時が適齢期です。
やりたいと思ったら60歳を過ぎてからでも遅くありません。
定年してから企業する人もいます

決断には大きなリスクと勇気が伴います。
今日始めようとしてもなかなか始められません。
それは明日も同じです。
何かを始めるには、勇気が必要です、
いつかは勇気を出ださなければならない時がくるはずです。

カーネル・サンダースは30代後半に、
知人の石油会社の支配人の薦めで初起業!
息子のし、倒産、火災等、幾つもの災難を経て
文無しになったのが65歳。

現在のフライドチキンを始めたのは70歳近くになっての話です。
それも始めた当初はフランチャイズの話も
1,000回以上断られたそうです。
「才能がないから」「上手くいかないから」「一度失敗したから」
「お金が無い」といって諦めてしまう理由になりません。

とりあえずやってみる。

合わなければ直ぐに辞める

合わなければ直ぐに辞めるべきです。
罪悪感をもつ必要はありません。
我慢するのは無駄な時間です。
直ぐに辞めても、何回やり直しても問題ありません。
気軽に始め、気軽に辞めて、
向いている、楽しいと感じれば続けるべきです。

石の上にも3年という言葉がありますが、
3年なんて長すぎます。
従業員を3年我慢させ、
奴隷のように従わせる為の言葉に過ぎません。
現代は物事の流れが早いのです。
決断は早い方が良いのは当たり前です。

戸惑う時間も必要

人生に無駄な時間は1秒もありません。
人生がつまらないと、立ち止まり、悩み、戸惑う時間も、
実は必要な時間です。
進んでいなければ、焦るかもしれません。
でも立ち止まっている時間も進んでいます。
進み方が遅いだけです。

前に進むばかりが良いことではありません。
前に進んでも、後ろに進んでも、
進んでいる事に変わりはありません。
立ち止まっていると感じるその時間さえも、
力をためている時間と考えてください。
全て順調、全て正解なんてありえません。

成功より、失敗の方が学ぶ事が多い

成功体験の積重ねより、
失敗したり、立ち止まったり、悩んだりすることの方が
学ぶことが多いことに気づくはずです。
そもそも悩むということは、
人間が進化の過程で、
正解を見つける為に備わった能力だからです。

異性にアプローチしてみる

好きな人がいる場合

もしあなたに好きな人がいるのであれば、
アプローチしてみましょう。
好きな人と過ごす時間は楽しいものです。
失敗しても、またアプローチすれば良いだけです。
待っていても相手からのアプローチは来ません。

チャンスは一瞬です。
あなたが動かなければ、
他の人に奪われてしまいます。
どこかにいなくなってしまうかもしれません。

年齢とともにフラれるのが怖くなります。
でも何もしなければ今の状況はかわりません。
モテる男は気軽にフラれます。
かならずしも交際しなくてもかまいません。
必要な時の関係だけでも良い刺激になります。

恋愛も失敗すると上手くなる

恋愛経験の少ない人や、
フラられてばかりの人が臆病になっていても、
何も始まりません。
恋愛下手な人は得てしてチャレンジ不足です。
今まで駄目でも、次は成功するかもしれません。
なんでも経験すれば上手になるもので、
恋愛も上手になります。
実は人間の心の動きのパターンは多くありません。
幾つかのパターンを経験すれば、
なんとなくコツをつかめます。
失敗も何回かしてみると、
失敗にもなれてきます。
そのうち勝手に上手くなります。

恋愛は行動数が多ければ成功する

恋愛において、基本的に行動数が多ければ、
当たり前ですが、成功の確立はあがります。
イケメン美女でも行動しなければ、
恋人に出会う確立は低いです。

見た目より行動力の方が大切です。

好きな人にアプローするタイミング

好きになったらなるべく早く
アプローチするのが正解です。
恋人関係になるには、
出会ってから、アプローチするのに、
早ければ早いほど成功確率が上がります。

初対面がの時の気持ちが一番新鮮で、
そこをピークに慣れてくるからです。
会っている回数が増えているのに、
アプローチをしなければ、
段々異性として感じなくなってきてしまいます。
好きな人を見つけたら、
直ぐにアプローチするべきです。

好きな人がいない場合

好きな人がいない場合は、
兎に角人に会う機会を増やします。
男性でも女性でも構いません。
やがて、人と人が繋がり、
好きな人が見つかるかもしれません。
兎に角行動してみましょう。
動けば風が吹きます。

自分の人生を生きる

日本の教育制度では、
何かと小さな頃から横並びの教育がなされています。
他人と違った行動は、出る杭として打たれる傾向もあります。

自分の人生に何らかの後悔の念のある親は、
子供には自分のようになって欲しくないという思いから、
子供に過度に、こうなれと教育をし過ぎる傾向があります。
それが自分のやりたい事と一致していれば良いですが、
違っていた場合は悲劇です。
子供にとっては苦痛でしかありません。

他人の期待は忘れる

「言うことをきく良い子だね」と言われて育ってきた人は、
自分の人生を生きるというより、
つい他人の期待に答えようとしてしまいます。
最悪の場合、自分に向いていないにもかかわらず、
その環境から避難できずに、
体や精神のバランスを
崩してしまうことさえあります。

相手に合わせたり、
誰かの期待に答えたりするような事を
するべきではありません。
他人の言うとおりに生きても、
その人はあなたの人生の責任をとれるわけがありません。
他人の期待は忘れて自由に生きるべきです。

自分を最高に幸せにするのは自分

自分を最高に幸せにするのは自分です。
自分の人生の主人公はあなた自信です。
他の誰でもありません。
他人の言うとおりにしても、
誰も責任なんてとってくれません。
自分の理想の姿に向かって、
自分の人生を生きるべきです

複数同時進行でやってみる

意外と気づかない事ですが、
興味のある事、やりたい事が見つかった時に、
1つに絞らないといけない事はありません。
1つの事を極めるのも素晴らしい事ですが、
10個の事をそこそこ極めるのも素晴らしい事です。

やりたい事を全て同時進行で構いません。
やっているうちに共通点が見つかる事もあり、
相乗効果になる事も多いハズです。
副業から始めても、趣味として始めても良いでしょう。
その方が気軽に始められます。

やりたい事をする時間を作る

人間誰しも忙しい毎日を過ごしています。
今は忙しいから出来ないと考えるより、
時間の無い中で、
どうすればやりたい事が出来かを考えます。
誰かに一部を任せてもよいでしょう。
隙間の時間を作る努力をしてもよいでしょう。

人生楽しむ為に、時間を作る

やりたい事をやるには、時間が必要です。
時間がなくてもできる方法を考えます。
今まで時間を圧迫していた事を、
効率化する、減らす、無くしてみましょう。
案外無駄な事をやっているはずです。
思い切って時間のダイエットをして時間を作りましょう。

怖いのは当たり前

何かを始め、成功するか失敗するか考えたら、
怖いのは当たり前です。
でも失敗しても、やり直せばいいだけです。
命までは取られません。
先の事を考えても、
想像する不安な事は、
現実ではその通りにはきっとならないはずです。
取りかかるまでが怖いだけで、
取り掛かってしまえば恐怖は薄れます。

目の前の事だけを考える

先の事を考えるのは無駄な労力です。
心配しても、計画してもその通りにならないからです。
そんな先の事を考えず、
目の前の事だけ集中すれば、
あたらしい事を始めても怖くないはずです。
間違っていたら、やり直せば良いだけです。
失敗も、次に成功するための糧になるだけです。
やればなんとかなるもんですし。
始まってしまえば、なんとかするように考え続けるだけです。

考え方は直ぐには変われない

人間直ぐには変われない生き物です。
特に理想の姿になろうと思っても直ぐになれません。
直ぐには変われないのが普通です。
少しづつ変わろうと思い続ける事で次第に変わり、
成功や失敗により大きく変わる事もあります。

反省しない

失敗しても、余り反省する必要ありません。
反省しても、過ぎ去った過去は変えられません。
反省が行動のブレーキになるなんて論外です。
次にどうしたら良いかを考え、
今目の前に有ることだけに集中し進むべきです。

やりたい事をやる為の金銭的余裕を作る

やりたい事をやるにはお金が必要な場合があります。
その為にお金を貯めるのも必要ですが、
クラウドファンディングもあれば、
誰かに借りる方法もあります。
アルバイトや副業もしてもよいでしょう。

今はパソコンがあれば、ブログやYOUTUBEなどから
広告収入も得られる時代ですし、
検索すれば、いくらでも見つかりますし、
挑戦して成功している人も多いので、
それを見つけて、そのまま真似すれば早いです。
自分にあった方法を見つけましょう。
自分で考えようとせず、他人の方法を調べてみましょう。

苦労は当然でもそれが楽しい

何かを初めて、苦労するのは当たり前です。
でも苦労を乗り越えるのは快感です。
困難を乗り越える達成感が喜びになります。
雨だと感じる人もいれば、
ただ濡れているだけだと思う人もいます。
捉え方の問題です。

人に会う

人との出会いによって、
人生は大きく変わります。
損得を考える必要はありません。
あなたの人生では、
必要な時に必要な人間に巡り会うようにできています。
人生を大きく変えたければ、
人に会う機会を増やすべきです。
会ってコミュニケーションを取るだけで
自然とあなた自身の理想の姿に近づきます。

現代であればフェイスブック等SNSを始め
様々なコミュニケーションツールもあります。
ときには傷つけられることもあるかもしれません。
それも後になれば良い出会いだった事に気づくはずです。

生まれてから生きていくののをやめてしまうまでに出会う人数も限られています。
人の出会いには無駄がありません。
人に会いましょう。

人は1人では幸せになれない

人は一人だけでは幸せになれません。
一人の時間が必要な時期はあります。
一人では幸せになれない理由は
自分は誰かにとって必要で、
価値のある人間だと感じて満足感を得られる、
社会性のある生き物だからです。
人間であれば、そこから逃れられません
自分が楽しむのも必要ですが、
他人が喜ぶ事をしてみましょう。
巡り巡って最終的には自分が一番楽しめるはずです。
人に必要とされる存在になると人生は楽しくなります。

諦めない

つまらない人生を送りたくない、
楽しい人生を送りたいという気持ちを捨てない事です。
何回挫折しても、決して諦めないことです。
その思いが消えなければ、
必ず理想の姿になれるはずです。
もともとの理想の姿とは違うかもしれません。
理想も変化します。
自分の理想の姿になるためには諦めない事です。

諦めないのが良かった実例

ナチスドイツの収容所で生き残った人は体力に勝る人ではなく、
生きる意味をもっていた人です。
やりたい事があるとか、
子供がいるからしねないと思っていた人が生き残りました。

つまらない毎日を変えるまとめ

興味のある事を、できる事から初めてみる事です。
興味の有ることを見つける為人に会いましょう。
見つからなくても焦る必要はありません。
時期が来れば見つかります。
そしてそれが誰かの役にたてば
深い喜びや生きがいを感じられるはずです。

偉人の名言から学ぶ、人生を楽しくする方法

アインシュタインの名言


一見して人生には何の意味もない。
しかし一つの意味もないということはない。


どうして自分を責めるのですか?
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。


天才とは努力する凡才のことである。


私は、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。


神はいつでも公平に機会を与えてくださる。


過去から学び、
今日のために生き、
未来に対して希望をもつ。
大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。


挫折を経験した事がない者は、
何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。


蝶はモグラではない。
でも、そのことを残念がる蝶はいない。


何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。


大切なのは、自問自答し続けることである


困難の中に、機会がある


大切なのは、疑問を持ち続けることだ。
神聖な好奇心を失ってはならない。


人生とは自転車のようなものだ。
倒れないようにするには走らなければならない。


人の価値とは、その人が得たものではなく、
その人が与えたもので測られる。


マザー・テレサの名言

あなたは、あなたであればいい。


神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけです。


導いてくれる人を待っていてはいけません。
あなたが人々を導いていくのです。


暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。


昨日は去りました。
明日はまだ来ていません。
わたしたちにはただ、
今日があるのみ。
さあ、始めましょう。


スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です