女性が怒る理由は愛情不足に感じているから

スポンサーリンク

女性は常に自分への愛情を確認したい

実は怒っていない

彼女やパートナーの女性が怒っている。
でもあなたは思いあたる事がなく、
理由がわからない。
そんな時の原因として考えられるのは、
愛情不足を感じているかもしれません。

女性は不安を抱えやすい性質があります。
常に恋人からの愛情を確かめたい心理があります。
だから「私の事好き?」なんて頻繁に尋ねます。

男性はそんなの言わなくても
当たり前だからわかるでしょと思ったり、
一度答えれば十分だと思ってしまうので、
うんざりして、つい適当な返事や
デリカシーの無い対応をしてしまいます。

女性には目に見える形で
常に愛情を伝えていなければ、
不安になるのです。
男性と女性の感覚の違いです。

会えない日が増えたり、連絡が減ったり、
自分以外の女性と
仲良くしているのを見たりすると
さらに不安になります。

すると、精神的に不安定になったり、
悲しんだり、怒り出したりします。
これはパートナーの愛情不足に感じて
満たされない苛立ちです。

男性はそんな女性の心理がわかりません。
自分が責められていると勘違いして
ケンカになってしまいます。

怒っているように見えますが、
本当は拗ねているだけです。

女性が知りたいのは、
自分が愛されているという事です。

好きで愛して欲しいだけなのに、
行き違いで喧嘩してしまっては
本末転倒です。

男性は、女性に怒られたり責められても、
それにとらわれてはいけません。

愛情を確認したいだけなのです。
ですから愛情をつたえましょう。

男性は頼られると
元気になったり必要とされてると思って
張り切ったり喜んだりします。

女性の場合、
愛されてると感じたり、
愛情を言葉や行動で示してもらうと
張り切るし元気になります。

感覚の違いです。

ですから男性は、
愛してる事を相手が満足するまで
いつもに伝えましょう。

女性は自分が愛されている事が分かれば
安心します。

スポンサーリンク
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です